Growth/Communities/指導役名簿の設定法

This page is a translated version of the page Growth/Communities/How to configure the mentors' list and the translation is 95% complete.
以下の手順は、Growth ツールを利用できる ウィキのみに適用されます:

指導役になってみませんか? お願いします!

指導役(メンター)とは経験を積んだ利用者で新規参加者を補助する意思のある人を指します。 初めて参加する人を案内してウィキの編集をしてみるよう励ます存在として、鍵となります。

新人編集者との関わり方 に関するリソースの確認を済ませ、指導役として自己紹介をお願いします。

ホームページでの指導役の表示

 
ここでは皆さんの自己紹介が新人編集者向けのホームページに表示される形を解説します。
 
紹介文のメッセージは文字数の上限が半角240字。

新人編集者向けホームページ には、ウィキペディアに参加したばかりの新人利用者を助ける目的があります。ホームページでは、皆さんの名前がランダムに新人編集者に割り当てられます。指導役として受け入れてください。

ホームページには、皆さんから自己紹介を新人編集者に向けて載せる欄があります。既定では次の表現です。「この経験豊富な利用者は、皆さんが初心者であると理解しており、編集にあたり皆さんを助けてくれます。」。

短い自己紹介をお願いします。長くても英文240語(1000字程度)。文字数の制限は、ホームページに既存の文字情報よりも目立ちすぎないようにするためです。同じ理由からウィキテキストは処理されません。編集初学者が指導者候補の皆さんについて詳しく知りたい場合は、ホームページにあるリンクを使って皆さんの利用者ページを読むことができます。

皆さんの利用者名はすでにホームページに表示されたはずです。自己紹介があるので、わざわざ編集初学者にご自分が誰だか知らせる必要はありません。

(翻訳文のため、現実の文字数上限の半角240字をはみ出しているかもしれません。)

自己紹介は以下のように、かなり中立的に書けます。

  • 「ウィキペディアを使いこなせるように、お手伝いします。遠慮なく質問をどうぞ!」

皆さんの経験を活用して、どんな質問にも答えられるはずです。なにか特定の話題でないと答えてもらえないとい印象を与えないようご注意ください。

  • たとえば「サッカー関連の記事を編集します」とは書かないでください。編集初学者にはサッカー以外の質問は受け付けないという印象を与えます。
  • むしろこう書くべきです。「主にサッカー関連の記事に投稿していますが、その他のテーマでも私に分かる範囲でお手伝いできます。」

相手から連絡するように、次のように呼びかけてください。

  • 「ウィキペディアの編集に関して、皆さんの質問にお答えします。主にサッカー関連の記事に投稿しています。皆さんはどの分野に投稿したいと思っていますか?」
  • 「今、みなさんが混乱しているとしたら、かつて私もそうでした。それでも経験者に質問をして支えてもらいました。ですからどんな質問でも遠慮せずに私に尋ねてみてください!」

指導者リストに自分の存在を追加する方法

ご利用のウィキの指導者リストはウィキデータに一覧があります。 まだこのページがない場合は、まず作成をお願いします

ご自分の利用者名をリストに追加するには、以下の構文を使います (利用者名のリダイレクトではありません)。

* [[User:利用者名]]|説明

例: * [[User:Trizek]]|さまざまな主題に貢献した経験があり、ぜひ皆さんのお手伝いをさせてください!

説明文は上限240キャラクターです。はみ出した文字はシステムが自動で切り落とします。

説明文にはウィキテキスト (リンクやテンプレート)、HTML、CSSを加えないでください。表示が壊れます。

ご自分の利用者ページへのリンクはアンカー挿入やリンク先を代入させないでください。リンク切れを起こします。

指導役の名簿作り

最初に Growth ツールが既にいつも活動するウィキに導入済みかどうか確認します。もし未導入なら、機能の導入の方法をご参照ください。訳

次に、ご自分以外のボランティアで参加してくれる指導役を見つけます。 いつも活動するウィキの適した場所に、会話のきっかけを投稿して、果たして指導役名簿を作ることは適正かどうか協議するようお勧めしています。こうすると、指導役希望者も集めやすくなります。

Growth 指導役システムは、 既存の指導システムを補完することも置き換えることもできます

コミュニティで名簿作りの賛同が得られた段階で、新規ページを作成します。場所はウィキ内のどこでも構いません。そこには指導役全員の利用者名と説明を示し、書式などは前項をご参照ください。

ご利用のウィキでインターフェース管理者に依頼して、指導役名簿を環境設定ページ (Special:EditGrowthConfig) へ追加してもらってください。 設置場所は「新人編集者を自動的に割り当てる指導役名簿のページ」欄です。そして指導役機能を必ず有効に設定します。

これまでの観察に基づき、皆さんのウィキで月間に増える新規参加者500人単位に対して指導役を1名置くように推奨されます。一例として、月間の新規アカウントの登録が2,500 件なら、5名以上の指導役が必要です。 最低でも3名を推奨しています。

オプション

担当する新規参加者を決める

指導役が辞めてしまって他の人に担当が回る事態や、その時の主題に精通した指導役に特定の新規参加者の担当を交代する場合などが想定されます。 そういうときは指導役同士で特定の新規参加者の担当を引き受けることは可能です

ワークショップ主催用の一覧をわける

きていでは、設置できる指導役名簿は1件に限定されます。この名簿に載った指導役は、無作為抽出で新規参加者の担当が決まります。 ウィキによっては、経験を積んだ利用者によるワークショップの開催を通じ、交流のある対象者のみ 担当したいと提案しています。

名簿と別に一覧を作り、知らない人の担当を割り当てられるよりも、知っている人を担当したい人に登録してもらうことは可能です。

そのような一覧は、定型の指導役名簿と同じ構文を使って ページを作成してから、対応するウィキデータ項目に必ずリンクします。 Then edit special:EditGrowthConfig to add the page link in the "Page containing list of mentors that can only be assigned manually" field. This special page is editable by interface admins.

関連項目