Growth/機能の概要

This page is a translated version of the page Growth/Feature summary and the translation is 98% complete.
Growth 機能 ツールを使う 更新情報 プロジェクト群 Growth チーム
内容をすべて閲覧
既存の機能を探す 機能に関するヘルプとリソース プロジェクトの最新ニュース 機能開発またはリソース創出をめぐる現在のイニシアティブと戦略思考 私達の紹介

一般的なヘルプとリソース

指導役向けのリソース コミュニティ対応のリソース

調査によると編集初心者がウィキペディアを編集をしようとしてわからないことにぶつかり、編集をやめてしまう要因がおもに3点、つまり技術、コンセプト、文化であることがわかりました。現状では、これらをうまく乗り切りたくても役に立つリソースにアクセスできない状態です。初学者にそれを利用できるようにするため、ウィキメディア財団 Growth チームでは連携した3つの機能を用意し、詳細は下記で説明します。 これらの機能を表示することで編集初学者の活動を支え、定着をうながし、編集が量的に増えていくよう目指しました

  • 編集初学者向けのホームページ:特別ページのひとつで、「初心者向けタスク」を提供して初学者が活動を始めるのに適合しています。 このホームページは多くのリソースにアクセスできる場所で、ボランティアの指導役にリンクがあり質問をすると答えが返ってくるはずです。
  • 編集初心者向けのタスク:おすすめ編集を表示することで編集の方法を学んでもらいます。初心者の皆さんはこの表示を通じて、意欲的に編集を続けました! ホームページを開くと、おすすめ編集が目立つように表示されます。
  • ヘルプパネル:編集中の初心者にリソースを提供するプラットフォーム。 初学者向けタスクに取り組むとき、ヘルプパネルを見て何をすれば良いか教えてもらえます。
Growth チーム担当の機能(解説動画) キャプションは各国語に翻訳されています。

ここにあげた機能は、デスクトップビューでもモバイルビューでも利用可能です。経験を積んだ編集者も、機能を有効にして試用できます。 この機能は特定のウィキで導入され、試用ができます。

Growth チームの詳細は、mediawiki.orgにあるこちらのページをご参照ください。 ご利用のウィキに展開するには、展開手順のページを確認してください。 If you have questions, please check our FAQ. You can also leave us a message.

編集初学者向けのタスク

この機能は Growth 機能の中心となるもので、初回の編集を手がけたり、再びウィキペディアを開いて次の編集に取り組むうち、だんだん編集回数が加算される編集初心者の人数を増やそうとしています。 編集初学者向けのタスクとは、どの記事を編集すれば良いかおすすめするワークフローです。利用者には初心者向けホームページの「おすすめ編集モジュール」を介して表示します。初学者はさまざまなタイプの編集から選択でき(管理テンプレートを基準に提示)、興味のある主題に絞り込んだり(ORES モジュールが基準)できます。するとおすすめ記事がいくつか提示されるので、作業する対象を選べばよいのです。記事を開くとヘルプパネルが表示され、編集作業が終わるまで手順をガイドします。 Growthチームは2021年に新しい編集ワークフロー開発に取り組み、編集初学者、わけてもモバイル機器利用者向けに使いやすく小型化する予定です。これらをまとめて「構造化したタスク」と呼びます。その第1弾として 2021年6月時点で内部リンクの追加用にウィキペディア4件に実装済みです(アラビア語版、チェコ語版、ベトナム語版、ベンガリ語版)。これはアルゴリズムが新人編集者に有効な内部リンクを付ける単語や文字列をお勧めします。

新人編集者向けタスクのデータと影響の詳細は、mediawiki.orgにあるこちらのページをご参照ください

新人編集者向けおすすめタスクの詳細は、mediawiki.orgにあるこちらのページをご参照ください

構造化タスクの詳細は、mediawiki.orgにあるこちらのページをご参照ください

新人利用者向けのホームページ

この特別ページには編集初学者のワークフローがホストしてあり、初学者はその他のモジュールを介して、ウィキペディアでの初日に目にするとよい、最も重要な事柄にアクセスできます。アカウント登録をすると、ポップアップが表示され(ほかにも通知をいくつか表示)、自分のホームページを開くようにうながされ、リンクはブラウザの表示の上部、利用者名の列にあることがわかります。私たちチームではモジュールの種類を試験中ですが、上記のホームページに表示するモジュールの例をご説明します。

  • 指導役モジュール:編集初学者をひとりずつ経験豊かな編集者とペアにして、さらに相手のトークページに質問を投稿しやすい方法を用意します。指導役に立候補すると、ボランティアとして参加します。
  • おすすめ編集のモジュール:上記の「初学者向けタスク」をご参照ください。
  • ヘルプモジュール:ヘルプページでよく利用されているページへのリンクをいくつか表示。
  • 影響力モジュール:編集初学者に対して、皆さんが編集したページのページ閲覧数を表示します。
  • Emails: The page also encourages users to add and confirm their email address.

現状の結果

  • 編集初心者の大部分は自分のホームページを開いており、その後も多くの人がまた再訪しています。
  • 2020年11月時点で指導役には、1万1785人の利用者から指導役に、1万4228件の質問が寄せられました。
  • ホームページ導入により、自分のメールアドレス確認をする初学者が増えます。

初学者向けホームページの詳細は、mediawiki.orgにあるこちらのページをご参照ください

ヘルプ パネル

初学者がページの編集中に開くボックス。使い方は次の4つ。

  • おすすめ編集に取り組んでいるときに手順を教える。
  • ヘルプページでよく利用されているページへのリンクをいくつか表示。
  • 初学者が自分でその他のヘルプや方針のページを検索できる。
  • ヘルプデスクに直接、質問を投稿できる。

ヘルプパネルはウィキ文エディタにもビジュアルエディタにも表示されます。この機能を展開したとき、それぞれのウィキに既存のヘルプデスク(またはTeahouse)との連携に注意を払い、またヘルプデスクをウォッチリストに入れている経験豊かな編集者が、投稿される質問を敬遠しないよう配慮しました。

現状の結果

  • ヘルプパネルが表示された初学者のおよそ 20% はこれを開き、その 50% は実際に試しています。
  • ヘルプパネル単体では初学者の編集の増加に結びつかないものの、この機能を継続する理由は上記の初学者向けのタスクフローのところで触れたように将来性を認め、ガイダンスを提供する目的があるからです。

ヘルプパネルの詳細は、mediawiki.orgにあるこちらのページをご参照ください

この機能を試してみる

Growth 機能を導入したウィキ群で、またはtest.wikipedia.orgで、個人設定を開きます。

  • 編集 タブにヘルプパネルを表示して利用できる。
  • 利用者情報 タブに初学者ホームページを表示、アクセスできる。 初学者ホームページから初学者向けタスクにアクセスできる。