Open main menu

Help:Extension:Translate/ページの翻訳管理

This page is a translated version of the page Help:Extension:Translate/Page translation administration and the translation is 99% complete.
Other languages:
Bahasa Indonesia • ‎Deutsch • ‎English • ‎Esperanto • ‎Kiswahili • ‎Lëtzebuergesch • ‎Zazaki • ‎català • ‎dansk • ‎español • ‎français • ‎italiano • ‎lietuvių • ‎polski • ‎português • ‎português do Brasil • ‎slovenčina • ‎svenska • ‎čeština • ‎беларуская (тарашкевіца)‎ • ‎македонски • ‎русский • ‎українська • ‎العربية • ‎فارسی • ‎मराठी • ‎हिन्दी • ‎বাংলা • ‎中文 • ‎日本語 • ‎한국어

目的。ページ翻訳機能はウィキページの他言語への翻訳状況を管理します。 これは個々の翻訳の内容が通常翻訳元ページと同一であることを意味します。 このことは、異なる言語版のウィキペディアで、対応する項目の内容が互いに完全に独立であることと、大きく違っています。 ページは元の言語から他の言語へと翻訳されることが想定されていますが、他の言語での翻訳が既にある場合、翻訳者はそれを利用することもできます。

理由。 こうした補助機能がなければ、多数のページへの翻訳は、最低でも時間がかかるもので、どうにかすると管理不能な乱雑状態になるでしょう。ページ翻訳機能があれば、混乱を避け、翻訳作業を仕組み化することができます。中心となるアイディアは、原文を小さな単位に分割し、それぞれ独立して翻訳するようにしたことです。原文が小単位に分割されているので、加えた変更はすべて独立し、翻訳者は原文中の変更のあった単位の翻訳だけを更新すればよいのです。 また、この機能により、翻訳者はすべての作業を一度にすませる必要がなくなるので、作業しやすいサイズの単位を翻訳して複数の翻訳者で作業をシェアしたり、翻訳を途中でやめて後でまた続けるということが可能になります。

対象者。このページではページ翻訳のチュートリアルの内容をくわしく述べることにして、システムの機能を掘り下げて考察するとともに、事例ごとに最善の習慣を提案します。対象にはページ翻訳管理者と、翻訳対象ページの元言語の編集者の皆さんを広く含めており、翻訳対象文の変更を承認する管理者権限があるかないかを問いません。

To apply for extended rights as a translation administrator, go to Project:Requests.

翻訳対象ページの構造

役割。ウィキページを執筆し翻訳する過程では複数の人が関わります。最初の執筆者がページを作ると編集者が誤字を訂正し、ページ翻訳管理者がページに翻訳対象の印をつけると翻訳者が翻訳したり翻訳を更新します。これらの役割に多少の重複はあっても、翻訳を支障なく行うための最終責任はページ翻訳管理者が担います。この管理者はページが翻訳対象として整備できたか判断し、適切にセグメント分けしたことを確かめ、さらに変更を承認 (または訂正) します。

準備。翻訳作業は、まず元の内容を書くことから始まります。この翻訳拡張機能(Extension:Translate)を使わずに既に翻訳が終わっている場合には、下記の翻訳の移行に関する節をご覧ください。迅速に大量に翻訳するには、翻訳元の文章をいい感じに整形することが必要不可欠です。ページに翻訳対象の印をつける前に校正を他の人に頼み、できれば言語の専門家に頼んでより明確かつ簡潔にまとめる校閲を受けてください。難しい語彙や難解な文があると、多くの場合ボランティアの翻訳作業は滑らかに進みません。マークアップについてもその通りで、翻訳者にとって問題になることがあり、翻訳管理者もまた問題の回避することができます。これについては下記のマークアップの扱い方についての節で説明しています。翻訳元の文章に変更を加えると、当然ながら対応する既存の翻訳版すべてに更新作業が発生するため、ページの内容が安定するまで管理者によるマークアップはしないほうが賢明です。一方で変更は起こるものであり、それを引き受けるシステムもまたうまく処理します。下記の変更の扱い方についての節をご覧ください。

タグ付け。上記をふまえてテキストが翻訳向けに整備できたなら、翻訳可能な部分を<translate>タグで囲み、ページに<languages /> (言語) バーを追加する処理は誰でも担当できます。言語バーを付けると、「全ての翻訳ページ」という特別ページのリストに追加されます。そこは翻訳対象ページをまとめた唯一の場所であり、ページごとに翻訳作業の進捗状況と更新の必要度をパーセンテージで表示します。下記の実際のタグ付けの方法の節もご覧ください。システムはタグ付けを検知すると、そのページに翻訳対象の印をつけリンクを張ります。さらに、閉じタグを忘れたまま保存しようとすると、システム警告を表示して保存を予防します。翻訳対象ページはさらに 特別:ページ翻訳 に「翻訳が提案されているページ」 (ready for marking) として表示されます。

翻訳対象に指定。タグ付けが終わったら、翻訳管理者がページを翻訳対象に指定します。ページ翻訳の例にインターフェース(翻訳画面)について解説があります。翻訳管理者の責務は、適切にセグメント分けし、タグ付けが適切かを確認することです。その間に、そのページに更新があれば再度翻訳対象に指定することもできます。分裂を抑えて更新する方法をご覧ください。ページの翻訳対象への指定では MediaWiki のジョブ・キューを用いたバックグラウンド処理を開始します。この処理は各翻訳ページに対して行われ、ページを再生成しています。つまり、翻訳ページの雛形の更新が反映され、古くなってしまった翻訳は翻訳元の文章に一時的に置換されます。反対に、翻訳インターフェイスはすぐに更新されます。

更新。編集者は翻訳可能な元文章を更新することもできます。この更新は、ページを見ている編集者に元の言語で表示され、再び翻訳が完了すれば翻訳対象に指定されている翻訳可能ページの、最新版の翻訳単位から抜き出されます。元文章に新たな更新があっても、すべての翻訳単位の更新が翻訳されていれば、その翻訳ページは100%更新済みと表示されます。翻訳可能なページを元の言語で表示すれば、翻訳対象に指定されていない更新の存在が簡単に確認できます。冒頭に「このページを翻訳」というお知らせがあり、更新のためのリンクがあります。

無効。 翻訳可能なページの元文章に変更があった際、翻訳管理者は節ごとに「翻訳を無効にしない」というオプションが選択できるようになります。 節においてこの無効が設定されていれば、翻訳言語ではこの節はピンク色の背景色になり、翻訳インターフェース上では翻訳者に対して時計のアイコンが表示されます。 節が無効に指定しない場合、翻訳されたページの閲覧者には更新についての表示はなく、翻訳者は更新を確認するために翻訳インターフェースを用いる必要があります。

翻訳元言語。翻訳元言語の言語コードが付いた翻訳対象ページもあります。これは、翻訳元ページに使用される翻訳関連の特殊なタグやその他のマークアップを含んでいません。このページはインターフェイスからリンクされませんが、例えばページ (一般に翻訳の雛形) を参照読み込みする際やそれを書き出す際に役立ちます。 For example, the page you're on is available without markups at Help:Extension:Translate/Page translation administration/en.

元文章の更新。拡張機能は、翻訳可能な元文章のページをそのウィキでの標準の言語だと想定します。管理者は 特定のページの言語設定を変更するために Special:PageLanguage ページを使用することができ、翻訳用の元文章ページにすることができます。詳細はページの本文言語を参照。

翻訳依頼を閉じる 翻訳可能なページは一定期間だけ関心を集める場合があるでしょう。発表や定期的な更新状況の報告、今月の注目記事といったものです。翻訳のままにしておくことはできますが、翻訳インターフェースからは非表示にできます。追加の翻訳が妨げられることはないですが、編集者がうっかり翻訳をはじめてしまうことは大分減るでしょう。防止措置や復帰は Special:PageTranslation から行います。

優先する言語。特に翻訳が必要な言語を定義することも可能です。言語リストが空の場合、すべての言語を許可しているものだと解釈されます。空でなければそのページでは、優先リストにない言語では、機能的に防止措置されたページ(直前の段落を参照)となり、翻訳する際には翻訳者にお知らせが行なわれます。他の言語への翻訳を防止することもでき、ある翻訳文書がどこか別の場所に実際に存在し、他の言語ではまだ用意されていない場合、防止措置をとることができます。(訳注・この段落意訳)

グループ化。関連するページ同士をグループ化できます。これらのグループ (集約群) は、他のすべてのメッセージ群と同様に振る舞います。各群には、その群自身の統計があり、下位群のすべてのメッセージを含んでいます (この翻訳対象ページの場合)。この機能は現在 Special:AggregateGroups にあります。Special:Translate のメッセージ群セレクター内の Special:LanguageStats では、既定では集約メッセージ群が折りたたまれた状態です。

移動。他のあらゆるページを移動できるのと同様に、翻訳対象ページも移動できます。移動させる際、翻訳対象ではないすべての下位ページも移動させるかどうか、選択できます。移動では、多数の関連ページを移動させるためにバックグラウンド ジョブを使用します。移動中は、ページの翻訳ができません。移動が完了すると、ページ翻訳記録に記録されます。

削除。移動と同様に、削除も通常の場所からアクセスできます。翻訳対象ページ全体を削除するか、1 つの翻訳ページのみを削除するか、そこの削除ボタンから選択できます。関連する翻訳単位ページも削除されます。移動と同様、バックグラウンド プロセスがページを徐々に削除していきます。削除が完了すると、ページ翻訳記録に記録されます。削除するには、delete 権限および pagetranslation 権限が必要ですが、個別の翻訳単位ページについては標準的な delete 権限で削除できます。

差し戻し 同じく、誤った編集の差し戻しも普段と同じです(ロールバックも)。その翻訳単位を編集するだけで、翻訳ページも更新されます。翻訳ページから翻訳単位の編集を見つけるには、「投稿記録」をクリックしてその編集を探します。

保護。翻訳対象ページを保護できます。翻訳ページについては、保護することも、翻訳対象ページの保護を翻訳ページにまで拡張することもできません。翻訳のこれ以上の編集を阻止するには、唯一の優先言語として翻訳元言語を追加して、他の言語への翻訳を無効にしてください。上記の 優先言語化を参照してください。これらの 2 つの操作を行うことで、翻訳元ページ、翻訳ページ、その翻訳単位ページのすべての変更を阻止できます。各翻訳単位ページを保護することはできますが、賢明ではありません。

翻訳対象指定の解除。翻訳対象の指定を解除することもできます。まず、そのページから <translate> タグをすべて除去する必要があります。さらに、そのページを翻訳対象から外すために、Special:PageTranslation を使用するか、または翻訳対象ページ上部のリンクをたどります。これによりページ翻訳に関連する仕組みがすべて除去されますが、既存のすべてのページを自由に編集できる状態で同じ場所に残ります。この操作は推奨できません。

翻訳対象ページの構造

翻訳ページを翻訳することで、多数のページが生成されます。これらのページはそれぞれ 広い意味で 翻訳対象ページを構成する部品だと言えます。これらのページのページ名は、翻訳対象ページのページ名で決まります:

  • ページ名 (翻訳元ページ)
  • ページ名/<言語コード> (「翻訳先ページ」と「マークアップを除いた翻訳元ページのコピー」を合わせたもの)
  • Translations:ページ名/<翻訳単位識別子>/<言語コード> (すべての翻訳単位ページ)

さらに、翻訳ページの雛形と、翻訳単位の文章、元文章のページの文章、データベースへの格納があります。翻訳システムは、翻訳タグのある元文章のどの版であるか、翻訳用のマーク付けがどの版のものであるかを追跡して、そのデータを保持しています。

それぞれの翻訳単位が更新されれば、翻訳システムは対応する翻訳ページを更新します。2回の編集が行われます。翻訳単位ページの編集は標準状態では「最近の更新」では非表示になっており、表示フィルタから「翻訳」を選択することで表示されます。他の編集(削除や移動など)は、対応した翻訳ページを再生成しません。

翻訳せず他のウィキにコピー&amps;ペーストしたいなど、マーク付けのない元文章を複製したければ、以下のようにします。

  • 元の言語の言語コードを特定し(英語では en)アドレスに ページ名/<言語コード> のように言語コードを追加します。
  • ここのようなアドレスとなる 「履歴表示」を開き、アドレスの action=history 部分を action=raw へと置換します。すると文書として表示されるか、保存ダイアログが開くでしょう。

セグメント化

全般的な原則:

  1. 翻訳するテキストは、すべて <translate> タグで囲むことになっています。1つのページが、タグの対を複数含む場合があります。
  2. translate タグの外側のすべてのテキストは、どの言語への翻訳ページでも変更されません。この静的なテキストに、各翻訳単位となる範囲を示すためのマーク付けをしたものを、翻訳ページの雛形と呼びます。
  3. テキスト内のマークアップが多すぎると、翻訳者が翻訳しにくくなります。マークアップが多数ある場合は、よりこまめに <translate> タグを配置してください。
  4. <translate> タグ内のテキストは、1 行以上の空行がある位置 (つまり 2 個以上の改行文字がある位置) で複数の翻訳単位に分割されます。

制限。 ページ翻訳機能には文に一定の制限を与えます。複数の翻訳単位をまたぐマークアップは認められません。言い換えると、単文の独立を保ちます。ソフトウェア上は強制していませんが、守らないとページの表示が崩れ、MediaWiki が html 出力を修正できるかどうかにより、深刻度に幅があります。

パーサ処理の順序。 <translate> タグはパーサ処理を受けず、他のタグと挙動が異なる点にご留意ください。凝った処理を試みない限り、通常は障害となりません。翻訳拡張機能は一般のタグのうち <pre><source> より翻訳指定タグを優先して処理し、<nowiki> は状況に応じて (ページの表示処理など) 最優先したり翻訳指定タグを優先したりします (Special:PageTranslation の <translate> を置いたページで一覧を出力する場合)。もし翻訳原文に「<translate>」を文字として表記するには、たとえば「&lt;translate>」などに置き換えてエスケープし処理を防ぎます。

タグの配置。可能であれば、タグの前後で改行して、なおかつタグと本文の間に空行を作らないようにします。これが不可能な場合があり、それは例えば、マークアップで囲まれた本文を翻訳したいものの、それ自身はマークアップではない場合です。これにも解決策があります。例えば:

{{Template|1=<translate>地域化したパラメータ</translate>}}

拡張機能の単純なホワイトスペース (半角アキ) の処理を利用します。行内で半角のスペースを入力すると出力に反映され、例外は翻訳指定の開始もしくは終了のタグ <(/)translate> のみ入力された行です。その場合、開始のタグ直後の新しい改行、終了のタグの直前の改行が無効になります。するとページに不用な半角アキを出力せず表示します。

変数。テンプレートの変数と類似した、変数を使用できます。変数の構文は <tvar|name>内容</> です。翻訳者には $name のみが表示され、翻訳ページでは、変数は翻訳対象ページで定義された値に自動的に置換されます (ゆえに、変数は翻訳ページ全体で使用できるグローバル「定数」です)。変数は、翻訳単位の途中で、翻訳できない箇所を隠す用途にも使用されます。頻繁に更新する必要がある数値のようなものに対しても使用できます。翻訳対象ページのソースを変更して、そのページを翻訳対象に再指定することで、すべての翻訳ページの数値を更新できます。その数値が翻訳単位ページに含まれていないため、翻訳を無効化する必要がありません。

カンマ区切りの値。図表などコンテンツの種別によってソフトウェアの処理上、必ずカンマ区切りのデータとして残すものがあるため、翻訳単位と単位の中間にカンマを残してください。翻訳者が誤って約物 (句点など) に変更してしまうとソフトウェアを混乱させるので、正しく出力させるための予防策です。

マークアップの例

以下に、特殊なウィキマークアップを扱うためのお勧めの方法を列挙します。

カテゴリ カテゴリを追加する方法は 2 つあります: 翻訳ページの雛形に追加する方法と、翻訳単位の 1 つとして追加する方法です。翻訳ページの雛形内にカテゴリがある場合は、結果的に、どの言語への翻訳でも同じカテゴリになります。翻訳単位内にカテゴリがある場合は、翻訳でのカテゴリの命名規則を利用者に指導しておいてください。右に、命名規則の候補を 2 つ示します。これらは、採用するための技術的な手段とは独立しています。

言語接尾辞を追加する翻訳: Category:Cars/ja (推奨)

[...]
</translate>

[[Category:MediaWiki{{#translation:}}]]
  • カテゴリ名は翻訳しません (ページ名と同様)。
  • 言語ごとに 1 カテゴリ。
  • ページ翻訳はカテゴリ自身の翻訳に使用される場合があります。カテゴリは互いにリンクされ、見出しが翻訳されます (リンク内のカテゴリ名などを除く)。

翻訳しない: Category:Cars

  • すべての翻訳文を同じカテゴリに (言語が少ない場合のみ)。
  • カテゴリ名は翻訳しません (翻訳テンプレート内にそのまま書けるようにするため)。
見出し 見出しは、次の段落に結びつきますが空行を入れた方がいいでしょう。こうすれば本文を翻訳する前に、目次を素早く翻訳できます。見出しにタグ付けする際に重要なことは、翻訳タグの中に見出しのマークアアップを入れ、翻訳タグの開始タグと見出しマークアップの間に改行を入れることです。そうでないと MediaWiki は正しく検出できません。例えば、この例で推奨するマークアップでのみ、節編集ができるようになります。またこのマークアップを使うと、翻訳者は既に見出しを翻訳しているので、文章の文脈を理解することが一目瞭然となります。

誤:

== <translate>文化</translate> ==

誤:

<translate>== 文化 ==</translate>

推奨するセグメント化:

<translate>
== 文化 ==

Lorem ipsum dolor.
</translate>
画像 テキストのように言語固有のコンテンツを含む画像の場合、翻訳単位内に画像の完全な構文を含めてください。それ以外の画像の場合は、説明部分のみにタグ付けしてかまいませんが、翻訳対象に指定したあとにメッセージの説明文としてヒントを記述してください (ヒントは省略可能)。
<translate>
[[File:Europe.png|thumb|right|ヨーロッパの地図 (首都を含む)]]
</translate>
[[File:Ball.png|50px|<translate>ボール アイコン</translate>]]
リンク リンクは、段落に含まれます。これにより、リンクの表示名を変更できるだけではなく、存在すればリンク先も特定言語版に変更できます 。

対象とするページが翻訳可能になっていれば(あるいはすべきなら)、そのページ名の前に Special:MyLanguage/ を追加してリンクします。UniversalExtension:ユニバーサル言語選択で選択された個人設定のインターフェースの言語に、翻訳ページがリダイレクトされるためリンク表示名のみを翻訳します。一貫した動作を維持したいなら、すべてのリンクで同じ書き方をする必要があります。

見出しが翻訳されるため、見出しのテキストから自動的に生成される ID をリンク先に用いることはできません。自分でアンカーを追加してください。翻訳の雛形の外側 (translate タグの内側) に見出しを配置する場合は、リンク先として使用する各見出しの前後で、複数の <translate> タグ対を使用してページを複数に分割する必要があります。

内部リンク:

<translate>
ヘルシンキは[[Finland (country)|フィンランド]]の首都です。
</translate>

翻訳対象ページへのリンク:

<translate>
美しい海岸と[[Special:MyLanguage/Seagull|カモメ]]の群。
</translate>

外部リンク:

<translate>
PHP ([http://php.net ウェブサイト]) はプログラミング言語です。
</translate>

ページ内リンク:

<span id=culture></span>
<translate>
== 文化 ==

Lorem ipsum dolor.

...

食品の詳細は[[#culture|文化の節]]を参照。
</translate>
箇条書き 箇条書きが長ければ、例のように5個以下の項目とし複数のかたまりに分割できます。項目がすべての言語で翻訳するために十分に独立していない限り、「レゴ・メッセージ」を作らないでください。一文を複数の単位や、論理的に係わりあっている部分(体裁や句読点など)を分割することは避けてください。箇条書きの分割には <translate> タグを使います。HTMLの出力が乱れるので改行を挿入しないようにします。
<translate>
* 全般的な原則
* 見出し
* 画像
* 表
* カテゴリ
</translate>
<translate>
* リンク
* テンプレート
</translate>
数値 数値やその他の非言語的な要素は、翻訳対象の外に配置して変数に変更できます。これには複数の利点があります:
  • 翻訳を無効化することなく、数値のみを更新できます。
  • 数値の変更が無視されるため、翻訳メモリがより的確に機能します。
<translate>
今月の収入 <code><tvar|income>{{FORMATNUM:3567800}}</></code> EUR
</translate>

これにより、通貨の変換を伴う数値の地域化を妨げてしまうことにご注意ください。FORMATNUM を使用することで、翻訳先言語に合うように数値が正しく整形されます。

テンプレート テンプレートには様々な機能や役割があるので、適した解決法はテンプレートによって異なります。そのテンプレートが長い段落の一部でなく、翻訳する引数がないなら、翻訳は省略します。そのテンプレートに言語的な内容がなければ、何かする必要はありません。 ページ翻訳によるテンプレートの翻訳の例は、Template:Extension-Translateを参照してください。このテンプレートを使用するには、{{TemplateName}}によってテンプレートを挿入できないので、{{Translatable navigation template}} に類似する別のテンプレートが必要です。これは翻訳拡張機能の自身には「まだ」実装されていませんが、計画はされています。

別の方法は、テンプレートの翻訳に構造化されていない要素の翻訳を用いることですが、そのテンプレートは見ているページの言語ではなく、利用者のインターフェースの言語で表示されてしまいます。

翻訳元テキストの変更

全般的な原則:

  • 変更を避ける
  • できるだけ変更を少なくする
  • 自分で翻訳単位マーカーを追加しない

翻訳単位マーカー (Unit markers)。ページが翻訳対象に指定された際、システムは翻訳対象ページ (translatable page) のソースに対して、それぞれの翻訳単位に固有の識別子 (unique identifiers) を追加します。 下記の例を参照してください。 これらのマーカーは、各翻訳単位の変更を追跡するためにそれらのマーカーを使用するシステムにとって重要です。 単位マーカーは決して自分で追加してはいけません。 マーカーは必ず翻訳単位の前の行にあります。ただし翻訳単位が見出しで始まる場合は、最初の見出しと同じ行でその見出しの後にマーカーがあります。 見出しでのマーカーの配置が異なるのは、節単位の編集を期待通りに動作させるために必要な仕様です。

<translate>
== Birds == <!--T:1-->
Birds are animals which....

<!--T:2-->
Birds can fly and...
</translate>

翻訳単位の文章を変更。 翻訳単位にとって変更はもっともありがちなoperationです。翻訳単位について、誤字や文法を修正したり、その他の変更を加えることができます。そのページを再度翻訳対象に指定すると、翻訳単位の文章に変更差分が見られるでしょう。同じ変更差分が翻訳者が翻訳を更新するときに示されます。単純な誤字訂正のようなケースで、既存の翻訳を翻訳ページ内で強調したくない場合は、無効化を回避できます:翻訳者は理由は何であれ翻訳を更新しようとするときに変更差分を目にするでしょう。

新しいテキストの追加。<translate> タグの内側にテキストを自由に追加できます。システムが新しい翻訳単位を認識できるようにするために、隣接する翻訳単位と翻訳単位の間に空行が 1 行あることを確認してください。既存の <translate> タグの内側ではない場合は、新しいテキストを <translate> タグで囲んで翻訳対象に追加することもできます。繰り返しますが、翻訳単位マーカーはシステムが追加するため、自分では追加しないでください。

テキストの削除。翻訳単位全体を削除できます。削除すると、翻訳単位マーカーも除去されます。

翻訳単位の分割. 単位の中間に空行を入れるか、<translate> タグを入れることで、既存の翻訳単位を分割できます。単位マーカーを最初の単位に残しておくか、さもなくばすっぱり除去します。マーカーを残せば、翻訳者は翻訳を更新するときに古い翻訳文を目にするでしょう。マーカーを取り払ってしまえば、ページが翻訳すべきと再指定されたとき、分割されたどちらの単位も、それまで翻訳が全く無かったかのようにふるまいます。

元の状態 マーカーを保持 マーカーを除去
<!--T:1-->
Cat purrs. Dog barks.
<!--T:1-->
Cat purrs.

<!--T:2--> (←追加されました)
Dog barks.
<!--T:2--> (←追加されました)
Cat purrs.

<!--T:3--> (←追加されました)
Dog barks.
Kissa kehrää. Koira haukkuu. Kissa kehrää. Koira haukkuu.

Dog barks.

Cat purrs.

Dog barks.

翻訳単位の統合。翻訳単位を統合する場合は、1 つの翻訳単位マーカーのみを残してそれ以外の翻訳単位マーカーをすべて除去してください。

翻訳単位の移動。翻訳単位の翻訳結果を無効にすることなく、その翻訳単位を移動させることができます: 翻訳単位マーカーとその翻訳単位の残りの部分を一緒に移動させるだけで完了です。

新たな版を翻訳対象に指定する前に、最善の方法をとっていることを確認してください、とりわけ、内容が変更されれば翻訳者は新しい翻訳単位を受け取ることを考慮してください。また翻訳者の時間を無駄にしないよう、不要な変更が無いようにしてください。翻訳元ページに多数の変更が加えられつつあるときは、それが落ち着くのを待って、終わってから翻訳者に作業を回すほうが良いかもしれません。

使用されていない翻訳単位の翻訳は自動的には削除されませんが、残った翻訳が問題を引き起こすことはありません。

ページ翻訳への移行

ページ翻訳機能を使わずに、既にページが翻訳されている場合に、翻訳機能のシステムへと移行したいことがあるでしょう。少なくとも新しく翻訳したいとか、統計情報を望んでいる場合です。おそらく言語切り替えのための既存のテンプレートがあり、ページ命名規則も異なるでしょう。

移行を開始するには、翻訳元ページでクリーンアップ、タグ付けをして、翻訳対象に指定します。古い翻訳を移行している間、既存の言語切り替えのテンプレートは、そのままにしておくことができます。そのページが言語コード下位ページの命名規則に従っている場合は、翻訳元ページを翻訳対象に指定すると、翻訳ページの内容は翻訳元テキストに置換されてしまいますが、以前の翻訳へは履歴からアクセスできます。

この手動の作業は Special:PageMigration によって部分的に自動化されます。この機能を使うと、元文章と対象となる翻訳単位を表示し、後述するように利用者が翻訳単位を調整できます。

使用法

 
$PageMigration の使用例。ページ名 Help:Special page 、言語コードは fr です。
  1. Special:PageMigration に移動します
  2. ページ名と言語コードを入力します。例では Help:Special pages と fr です。
  3. 元文章と取り込まれた翻訳文が翻訳用の単位に分割され、最初の整列処理でそれぞれ表示されます。(意訳)
  4. 利用できる操作を使い、手動でそれぞれの翻訳単位の調整を行います。
  5. 翻訳単位として編集可能となり、手動での改良が必要になります(翻訳変数の追加、リンクの修正、マークアップなど)
  6. "保存"を押します。これで Translations:Page/<翻訳単位識別子>/<言語コード> という翻訳用の名前空間にページが作成されます。古い翻訳用文章が翻訳機能に取り込まれました。
  7. 取り込みを中止するには、キャンセルを押します。

利用できる操作

翻訳元と翻訳先の翻訳単位からなる行にはそれぞれ、一連の操作アイコンがあります。それらは以下のように使用されます:

  1. Add/追加: この操作アイコンをクリックすると、現在の翻訳単位の下に新しい空の翻訳単位が追加されます。現在の翻訳単位を分割したい場合や、下に翻訳単位が必要な場合に、この機能を使用してください。
  2. Swap/入れ替え: この操作では、続く翻訳単位と現在位置の翻訳単位を入れ替えます。節の順序がおかしく、その翻訳単位が適切に配置されていない場合に使います。または、翻訳ユニットを上下にドラッグしたい時です。どちらの場合も翻訳単位の追加はありません。
  3. Delete/削除: この操作アイコンをクリックすることで、対応する翻訳対象単位をページから完全に除去し、残りの翻訳対象単位を1つずつ上に上げます。 たとえば不用なコードや、翻訳元言語表記のまま使用する内容に対応する不用な訳文は、この機能を使って除去します。 注記: この操作は取り消せません (現在のセッションでは)。

トラブルシューティング

  1. ページの翻訳指定を済ませた直後に特別ページを開き、翻訳文をインポートしようとしても「<page-name>/<language-code> は古い翻訳を含んでいません」などの表示が出てエラーになる場合があります。原因は旧版のページでまだ FuzzyBot のファジー処理が終了していないためです。ツールは翻訳ページで FuzzyBot の編集を検知できません。対策はただ少し時間をおいて、 FuzzyBot の処理を待ちます。内部で編集がログされるとインポートができます。
  2. 「保存」ボタンを押したときはそのまま待機してください。ボタンの色がグレーに反転している間は、裏で空白ではないユニットを処理中です。ボタンの色が元に戻ったらインポート終了です。

ヒント

  1. ページ移動の手間を減らすには、翻訳原文が既存の英文とそっくりかどうか先に (翻訳指定をする以前に) 確認して手動でページの構成を編集します。段落や一覧表を分解したり、 (文章が空白でも) 足りない見出しを補います。
  2. 処理の結果をコアの翻訳インターフェースで確認するとよいでしょう - 翻訳単位のうち即座に不推奨とマークされた部分は、マークアップの誤り、翻訳変数の不足を確かめます。
  3. 注記: ページ名の先頭の名前空間名は原文のまま残し訳しません。
ページ名の翻訳は手動です。インポート元の言語があまりわからない場合には、「リンク元」から調べるか、時にはページ移動 (リダイレクト) の履歴から適切な訳語が見つかることがあります。