トークページプロジェクト/機能の概要

This page is a translated version of the page Talk pages project/Feature summary and the translation is 98% complete.

編集機能チームは2020年内にトークページ用の新機能を開発します。 これらの新機能はトークページプロジェクト の一環として開発されています。 新機能の目的は編集者が(編集の経験にかかわらず)ウィキにおけるコミュニケーションを効果的に行えるようにすることです。

このプロジェクトは5か月間にわたる聞き取り期間2019年トークページ協議会 の結果として生み出されました。20件超のウィキとウィキメディア財団の職員がオンウィキのコミュニケーション用のより良いツールの方向性を定義しました。

編集機能チームがこのプロジェクトの一環として開発した機能は下記の通り。

  • 返信ツール - その場でコメントに返信するためのツール。 このツールはコメントの署名とインデントを自動的に追加するほか、利用者に通知を送る機能を提供します。
  • 新議論ツール - その場で新しい節を作成するためのツール。 このツールは署名を自動追加するほか、返信ツールと同様にほかの利用者に通知する機能があります。

返信ツール

 
visualモードで表示した返信ツールのスクリーンショット。
 
返信ツールのスクリーンショット。ウィキテキスト source モードで高度なオプションを表示。

新しい返信ツールでは、トークページのコメントに署名とインデントが自動的に追加されるほか、利用者に通知を送る機能が提供されます。

このツールは、既存の返信用利用者スクリプトと同様に動作します。[1][2] 第一に、返信ツールはページから利用者の署名とタイムスタンプを検出し、それらの横に「[ 返信 ]」リンクを追加します。 「[ 返信 ]」リンクをクリックすると、返信の入力欄が表示されます。

返信ツールについてより詳しく知りたい場合と、フィードバックを行いたい場合はTalk pages project/replying を開いてください。

機能

  • visualモードとsourceモード(ウィキテキストモード)を相互に切り替えることができます。
  • sourceモード(ウィキテキストモード)では入力を進めるごとにプレビューがその場で表示され、トークペーへの投稿時の見た目が確認できます。
  • visualモードにおいて、リンク追加、利用者への通知、文字の修飾にキーボードショートカットを使用できます。

開発

2021年初頭段階で、返信ツールはほとんどの言語版のウィキペディアとその他いくつかのウィキ群にベータ機能として導入しました。 編集者全員に実装済みのウィキペディアはアラビア語版、チェコ語版、ハンガリー語版です。 このツールの実装状況は右記で確認できます:実装の現況

新しい議論ツール

 
新しい議論ツールではメッセージの題名と本文をそれぞれ別の欄に記入します。

新しい議論ツールを使うとトークページで新しい節を作るのが容易です。 返信ツールと同様、投稿者の署名はメッセージに自動的に付きます。 編集内容を記入するにはビジュアル モードもウィキテキスト モードも使えます。

新しい議題ツールの計画と開発の状況についてはTalk pages project/New discussion を参照してください。

新しい議論ツールの機能

  • * ビジュアルモードとウィキテキストソースモードを相互に切り替えることができます。
  • * ソースモード(ウィキテキストモード)ではその場でプレビューが表示され、トークペーへの投稿時の見た目が確認できます。
  • * ビジュアルモードにおいて、リンク追加、利用者への通知、文字の修飾にキーボードショートカットを使用できます。
  • On talk pages that have not been created yet, a message introducing users to discussions is shown instead of the wikitext editor.

トピックの購読

 
この機能は節見出しの末端に [購読する]リンクを追加します。

主題の購読機能はトークページで==レベル 2 の節==を購読(追跡)することができます。 購読すると、その後、当該の節にコメントの投稿があるたびに通知 を受信します。