Open main menu

Help:Extension:Translate/オフライン翻訳

This page is a translated version of the page Help:Extension:Translate/Off-line translation and the translation is 100% complete.

Other languages:
Deutsch • ‎Deutsch (Sie-Form)‎ • ‎English • ‎Kiswahili • ‎Lëtzebuergesch • ‎Nederlands • ‎Zazaki • ‎català • ‎dansk • ‎español • ‎français • ‎italiano • ‎lietuvių • ‎polski • ‎português • ‎português do Brasil • ‎svenska • ‎čeština • ‎Ελληνικά • ‎български • ‎русский • ‎українська • ‎العربية • ‎मराठी • ‎中文 • ‎日本語 • ‎조선말

このページでは、オフラインで翻訳する方法を説明します。 この話題に関心があるなら、すでにGettext ja.poファイルとは何か理解しているという前提で説明します。ここではTranslate拡張機能を用いるウィキで、それをどう使うか述べることにします。もしこの条件に当てはまらないなら、むしろオンライン翻訳の「翻訳のしかた 」の解説を読んではどうでしょうか。

一般的な前提として、ウェブ接続がとても遅いまたは限定条件付きの場合、あるいは設定変更をすると困るオフラインツールがあるため、ウェブ用インターフェースは使いたくないと思う人もいます。ただ、Translate拡張機能を使うなら、これは共同作業向けに設計してある点にご注意ください。誰かが特定のファイルをオフラインで長期に押さえることはできないこと、新しいファイルを1本ずつダウンロードし、すぐにその翻訳を始めることという決まりがあります。これを守らないと、ウィキで作業する他の人と編集の衝突を起こすかもしれません。

書き出し

メッセージを複数、Gettext POファイル形式でダウンロードするには、Special:Translateメニューの export for off-line translation (オフライン翻訳用に書き出し) を選びます。ただしサイトによってはこのタスクを無効に設定してあります。作業に取り掛かる準備として、サイトから書き出しができない場合の対策を使用言語 (local) のガイドで確認してください。

またメッセージ群に書き出しのオプションがあっても、実際に書き出してみると翻訳 (translation) がネイティブな形式で渡され、それが Gettext 形式だった場合にはオフライン翻訳には使えません!

ファイルは標準の Gettext PO 形式で追加情報が付けてあります。ヘッダには以下のフィールドが含まれ、メッセージ単位のmsgctxtには翻訳拡張機能に必要な識別子があります。編集ソフトによっては、このヘッダに埋め込まれたコメントつまりこのコードmsgctxtの行を除去してしまうため、最初はご利用の編集ソフトやエディタをテストするために短いファイルで実行することをお勧めします—何百もの文を翻訳した後で、実はエディタのせいでオンラインシステムに翻訳を戻せないとわかったら目も当てられません! メッセージの説明文書は翻訳コメントとして書き出します。

重要なヘッダーフィールド:

"X-Language-Code: nl\n"
"X-Message-Group: ext-abc\n"

この例では、「ext-abc」がメッセージ群名です。 翻訳可能なページから書き出すと、メッセージ群の名前はそれぞれ「page」 + ページ名となります (i.e. ページ名が「"Example"」であればヘッダに含まれる行は"X-Message-Group: page-Example\n" です)。

Gettext po 翻訳ファイルのエントリの例を示します。

Notifications

#. [Wiki] This text is used on the history tab.
#. [Wiki] 

msgctxt "history_short"
msgid "History"
msgstr "Versionsgeschichte"


取り込み

ファイルを完全に翻訳する必要はありません。部分的に翻訳されたメッセージをアップロードして大丈夫です。これらのファイルを取り込むには、2つの方法があります。
権限を持つ利用者は、翻訳をアップロード&取り込みをするのに Special:ImportTranslations を使用できます。このページはファイルを処理して変更点を示し、利用者がそれらを取り込むことができます。多くの変更点を含む大きなファイルの取り込みは、処理時間が限られているため複数のステップを取ることがあります。

インポートはコマンドラインスクリプトTranslate/script/poimport.phpを使うこともできます。これは柔軟性は低いのですが、一度にすべてをインポートすることができます。また、サーバーへのシェルアクセスができる必要があります。

オフライン翻訳をインポートできるかできないか、できる場合の仕様はご利用のwiki次第です。

Gettext エディター

オフラインでファイルを編集できるツールをいくつか示します。

POedit 
すべてのプラットフォーム。使用条件はwxWidgets toolkitのサポート。GTK+ を積んだUnixおよびWindowsで試験済み。
警告 必ずバージョン1.4.2以上を使うこと。それ以下だと「msgctxt」の行が欠落してしまい、作業ができません。
gtranslator 
UnixとLinux。使用条件はデスクトップPCの GNOME 環境。
gted 
Linux、Windows、MAC OS X。Eclipse IDE プラグインとして使用し、さまざまなツールを同梱。
Lokalize 
PC版のすべてのプラットフォーム。使用条件はKDE 4利用者ウィキ (user wiki) とオンラインのマニュアル (handbook) を提供。
Translate Toolkit 
すべてのプラットフォーム。使用条件はプログラム言語python のインストール。複数のファイル形式に対応。
Virtaal 
Windows、Linux。上記のツールキットによるマルチ形式翻訳ツール。
OmegaT 
すべてのプラットフォーム。使用条件はJavaのインストール。プロ翻訳者向けのフリーウェア。複数のファイル形式に対応、ファジーマッチング可、用語集と翻訳メモリをサポート。
Eazy PO 
Windows。インストール不要で軽い。
Gorm PO file editor 
Windows。インストール不要、小さいながらもパワフルなプログラム。バージョン1ではmsgctxtタグでエラー発生。
Better PO Editor 
ソースコード、Windows、BSD、Unix、Linux、Mac OS X。スペルチェック、Google 翻訳の訳例推薦機能。