Open main menu

Extension:ContentTranslation

This page is a translated version of the page Extension:ContentTranslation and the translation is 97% complete.

Other languages:
Cymraeg • ‎Deutsch • ‎English • ‎Nederlands • ‎Tiếng Việt • ‎Türkçe • ‎català • ‎dansk • ‎español • ‎français • ‎italiano • ‎polski • ‎português • ‎português do Brasil • ‎sicilianu • ‎čeština • ‎български • ‎македонски • ‎русский • ‎српски / srpski • ‎العربية • ‎سنڌي • ‎فارسی • ‎हिन्दी • ‎ಕನ್ನಡ • ‎ไทย • ‎中文 • ‎日本語 • ‎ꯃꯤꯇꯩ ꯂꯣꯟ • ‎한국어
MediaWiki 拡張機能マニュアル
OOjs UI icon advanced.svg
ContentTranslation
リリースの状態: 安定
実装 ユーザー インターフェイス, ページの操作
説明 機械翻訳及び他の翻訳支援ツールを使い、他言語の記事を翻訳する編集者向けのツールです。
作者 言語チーム
最新バージョン 1.0.0 (継続的な更新)
互換性ポリシー リリースブランチ
MediaWiki 1.31+
PHP 7.0+
データベースの変更 はい
テーブル cx_translations
cx_translators
cx_lists
cx_suggestions
cx_corpora
ライセンス GNU 一般公衆利用許諾書 2.0 以降
ダウンロード
  • $wgContentTranslationExperimentalFeatures
  • $wgContentTranslationDomainCodeMapping
  • $wgContentTranslationRESTBase
  • $wgContentTranslationDatabase
  • $wgContentTranslationCluster
  • $wgContentTranslationEventLogging
  • $wgContentTranslationHighMTCategory
  • $wgContentTranslationSiteTemplates
  • $wgContentTranslationTranslateInTarget
  • $wgContentTranslationAsBetaFeature
  • $wgContentTranslationDefaultSourceLanguage
  • $wgContentTranslationTargetNamespace
  • $wgContentTranslationCampaigns
  • $wgContentTranslationBrowserBlacklist
  • $wgContentTranslationCXServerAuth
  • $wgContentTranslationEnableSuggestions
translatewiki.net で翻訳を利用できる場合は、ContentTranslation 拡張機能の翻訳にご協力ください
使用状況とバージョン マトリクスを確認してください。
問題点 未解決のタスク · バグを報告

ContentTranslation (コンテンツ翻訳) 拡張機能はある言語から別の言語に翻訳するため機械翻訳など翻訳支援ソフトを利用するツールです。なぜこのツールがあるかなど、詳細な情報はコンテンツ翻訳 をご覧ください。この拡張機能はウィキメディアの言語チームが開発しました。

ダウンロード

拡張機能は、Git から直接取得できる場合があります [?]:

  • コードを参照
  • 一部の拡張機能には安定版リリースのタグがあります。
    • タグを参照
    • タグを選択します
    • 「スナップショット」をクリックします
  • 各ブランチは過去の MediaWiki リリースと関連付けられています。 最新のアルファ バージョンを含む「master」ブランチもあります (MediaWiki のアルファ バージョンが必要な場合用)。

スナップショットを展開して、MediaWiki インストレーション内の extensions/ContentTranslation/ ディレクトリに配置します。

git に馴染みがあり、かつサーバーにシェルでアクセスできる場合は、拡張機能を以下のようにして取得することもできます:

cd extensions/
git clone https://gerrit.wikimedia.org/r/mediawiki/extensions/ContentTranslation.git

インストール

  • Vagrant を使用している場合は、vagrant roles enable contenttranslation --provision でインストールしてください
手動インストール
  • ダウンロードして、ファイルを extensions/ フォルダー内の ContentTranslation という名前のディレクトリ内に配置します。
  • git からのインストールの場合のみ、PHP の依存関係をインストールするため Composer を実行します。拡張機能のディレクトリで composer install --no-dev を実行します。 (See T173141 for potential complications.)
  • 以下のコードを LocalSettings.php の末尾に追加します:
    wfLoadExtension( 'ContentTranslation' );
    
  • 更新スクリプトを実行します。このスクリプトは、この拡張機能が必要とするデータベース テーブルを自動的に作成します。
  •   完了 – ウィキの「Special:Version」に移動して、拡張機能が正しくインストールされたことを確認します。

この拡張機能には、翻訳サーバー (別名: CX サーバー) が稼働している必要があります。 コンテンツ翻訳サーバーの設定方法は Content_translation/Setup をご覧ください。 When running Content Translation locally, following can be added to LocalSettings.php to use production cxserver:

$wgContentTranslationSiteTemplates['cx'] = 'https://cxserver.wikimedia.org/v1';

翻訳データベース

この拡張機能にはダッシュボード機能というオプションがあり、翻訳者はすべての言語にの訳文を参照できます。 この拡張機能を多言語でインストールした場合、例えばウィキメディアのウィキ群でダッシュボード機能を提供するには、中央管理データベースを作成する必要があります。 そのデータベースのテーブル定義は拡張機能のソースコードの sql ディレクトリ内にあります。Content translation/Product Definition/Database に詳細があります。 データベースの作成が済んだら、グローバル構成変数 $wgContentTranslationDatabase にデータベース名を設定します: $wgContentTranslationDatabase = 'db_name';

拡張機能の依存関係

ContentTranslation は以下の拡張機能に依存しています:

UniversalLanguageSelector 必須
VisualEditor 必須 エディタの構成要素として必要不可欠
GuidedTour 省略可能 インストール後、利用者空間からページを移動する手順を表示するために使われます。
Echo 省略可能 インストール後、翻訳マイルストーンを達成した「おめでとう」通知の表示に使われます。
ウィキベース 省略可能 インストール後にウィキペディアに似た設定にすると、言語間リンクを(サイト間リンクとして)自動的に追加するため使われます。
EventLogging 省略可能 インストール後、印刷、エラーその他のイベントのログ記録に使われます。
BetaFeatures 省略可能 インストール後、コンテンツ翻訳は個人設定にベータ版機能として表示されます。
Cite 省略可能 翻訳しながら参考文献の出典も作業するには必要

設定の変数

For the full list and defaults, see extension.json in the source repository.

ContentTranslationDomainCodeMapping
Used to map between non-standard language codes and actual domains. The default is the same as in Wikipedia codes and domains.
ContentTranslationRESTBase
Configuration of RESTBase URL and connection parameters. The defaults are for Wikipedia.
ContentTranslationDatabase
The name of the database in which the common tables for managing translations across wikis are stored. The default is null, which means that the default database is used.
ContentTranslationCluster
In a Wikipedia-like database configuration, the name of the cluster on which the database is hosted. The default is null, which means that the default cluster is used.
ContentTranslationEventLogging
Whether EventLogging is enabled. The default is false.
ContentTranslationHighMTCategory
A category to which pages that have a high level of machine translation are added upon publishing. The default is null.
ContentTranslationSiteTemplates
Templates for essential URLs. The defaults assume Wikipedia, so this variable must be configured differently for other sites. Where relevant, $1 is replaced by the language code, and $2 is replaced by the page title.
ContentTranslationTranslateInTarget
Whether to open Special:ContentTranslation in the target wiki when clicking the button in the entry point. The domain will be based on $wgContentTranslationSiteTemplates. The default is to open Special:ContentTranslation on the same wiki. (For Wikipedia this is set to true.)
ContentTranslationAsBetaFeature
Whether ContentTranslation is a beta feature.
ContentTranslationTargetNamespace
The default target namespace for published articles. The default is Main.
ContentTranslationCampaigns
Campaigns that are available in the URL as valid values for the campaign parameter in the URL. This allows automatic enabling of the beta feature and event logging.
ContentTranslationCXServerAuth
CXServer connection configuration.
ContentTranslationEnableSuggestions
Whether to use the suggestions tab and automatic suggestions. This needs the GapFinder API. This is false by default, but true in Wikipedia.
RecommendToolAPIURL
The URL for the GapFinder API, needed if ContentTranslationEnableSuggestions is true.

関連項目