Help:Structured Discussions/有効化

This page is a translated version of the page Help:Structured Discussions/Activation and the translation is 76% complete.
PD 注意: このページを編集すると、編集内容が CC0 のもとで公開されることに同意したと見なされます。詳細はパブリック・ドメインのヘルプ ページを参照してください。 PD


注意事項: Structured Discussions は以前、「Flow」と呼ばれていました。その影響で、ツールや処理過程の名称に「Flow」とついたままのものがあります。

Wikimedia Foundation wikis

Structured Discussions is only enabled on some Wikimedia wikis. Some of those wikis have it available as a Beta feature for all users. It will not be installed on any more Wikimedia wikis.

Other wikis

まず「構造化された議論」StructuredDiscussions 拡張機能のインストールから始めてください。

詳細は Extension:StructuredDiscussions を参照してください。

有効化

Beta Feature

ウィキによっては Structured Discussions を ベータ版機能 として導入しています。

ご使用のウィキでベータ版として導入済みであれば、個人のツールバーからベータ版リンクを開くと有効/無効の設定ができます。

ベータ版の拡張機能を有効にするには、利用者アカウントの登録を済ませ、ログインする必要があります。

もし Structured Discussions を有効にすると、「Flow talk page manager」という名称のボットが以下のタスクを実行します。

  • 利用者の以前のトークページをウィキテキスト形式で、そのトークページの下位ページにアーカイブ。
  • 上記の下位ページのリンクを Structured Discussions ボードの説明 (右側のバー) に作成。
  • トークページ上部にあるテンプレートをすべて、説明バーにコピー。
  • あなたの利用者トークページに Structured Discussions ボードを作成。

もし Structured Discussions を無効にすると「Flow talk page manager」ボットは以下のタスクを実行します。

  • 新しく空白のトークページをウィキテキスト形式で作成。
  • 下位ページに Structured Discussions ボードを過去ログ化。

「Flow talk page manager」ボットにより、Structured Discussions 実装に遅れが出ることがあります。

利用者トークページで有効にして数分後、まだ Structured Discussions が表示されない場合は通報をお願いします

ウィキテキスト形式のページの内容を Structured Discussions 形式に変換することも、その逆もできません。

原因は Structured Discussions の構造 (トピックを立てるボード) にあります。

ボードの改名、削除、復元をする方法は管理者ページを参照してください。

Manual activation

Structured Discussions がインストールされているウィキの管理者には、そのボードを作成/移動/削除する権限があります。

有効化するにはご使用のウィキのSpecial:EnableStructuredDiscussionsを開き、最初のフォームにページ名を入力します。2番目のテキスト領域にはボードの説明 (Board Description) をあらかじめ入力できます。それに続く有効化の手続きは上記と同じ流れです。

ページの移動は、どのページとも同じ手順です。

Structured Discussion ボードの削除はどのページとも同じ手続きです。しかしながら、ボードの過去ログ化は、あらかじめ下位ページに移動してから実行してください。