Open main menu

Help:Extension:Translate/品質保証

This page is a translated version of the page Help:Extension:Translate/Quality assurance and the translation is 97% complete.

Other languages:
Deutsch • ‎English • ‎Lëtzebuergesch • ‎Nederlands • ‎Ripoarisch • ‎Türkçe • ‎Zazaki • ‎català • ‎dansk • ‎español • ‎français • ‎italiano • ‎lietuvių • ‎polski • ‎português • ‎português do Brasil • ‎čeština • ‎Ελληνικά • ‎русский • ‎українська • ‎עברית • ‎العربية • ‎فارسی • ‎मराठी • ‎हिन्दी • ‎বাংলা • ‎தமிழ் • ‎ไทย • ‎中文 • ‎日本語

高い品質というものは、皆が自分の役割を果たしたときにのみ達成できるものであり、私たちは翻訳の最良の慣行に従って作業をしなければならないのです。翻訳 (Translate) 拡張機能は、あなたが翻訳者と翻訳管理者のいずれであっても、より高い品質の翻訳を作り出せすためのツールを提供します。統計と報告で説明する数多くのツールは、翻訳者の力が必要とされているのはどこか、翻訳管理者が進捗を確認する必要があるのはどこか、把握できるようにします。このページでは、翻訳者に協同で翻訳を改善してもらうことを目指して、技術的な品質管理ツールについて説明します。翻訳の校正は非常に重要であり、翻訳の質を評価したり改善するため、これらのツールを提供します。

Contents

翻訳の査読機能

 
翻訳者には、自分の翻訳を査読した利用者の人数がグレーのチェックマークとともに表示されます。翻訳を編集するにはグレーの鉛筆のアイコンをクリックします。

査読ツールへのアクセス権は利用者権限で制御されます。翻訳拡張機能は既定で「翻訳査読者」という利用者グループを追加します。査読画面でボタンを押すと、翻訳が正しいと思ったと示すことができます。この拡張機能は、査読者が同じ翻訳を再検討する必要がないように、査読済みの翻訳を記録します。翻訳者は自分が作成した翻訳の編集ができます。同じ翻訳を複数の人が査読します。

同様に、メッセージの説明欄もここでは重要な役割を果たします。査読者は、翻訳の綴りや用語が正しいことだけではなく、文脈に合っていることも確認する必要があります。

翻訳者にとって

翻訳を査読した人の数が、各メッセージの査読ボタンの近くに表示されます。

興味深いことは他にもあり、翻訳者はウォッチリストで、自分のどの翻訳がいつ査読されたかを知ることができます。翻訳者にとって有効な機能で、自分の翻訳は他の人に評価されていて、放置も無視もされていないと確信できるし、翻訳にもっと自信を持てるはずです。

翻訳査読記録は (現時点では) ウォッチリスト、ウォッチリストのメール通知、最近の変更のいずれからも除外できません。

 
自分の翻訳には査読ボタンの代わりに、人の上半身の形のアイコンを示します。この画面キャプチャは、新しいエディタを表示しています。

査読者向け

翻訳の査読は Special:Translate で行ないます: 「採用」ボタンは査読画面に表示されます。どのメッセージ群も査読の対象に選べるし、最近の翻訳のメッセージ群から対象を決めることもできます。

自分が行なった翻訳は、査読画面下部の操作バーにある「隠す」ボタンをクリックして非表示にするか、あるいは翻訳文の横に付いた人の上半身のアイコンで判別できます。チェックマークは色によって示す内容が異なります。黒い場合は自分が既に査読済みにした翻訳です。未チェック(グレーの背景に白いマーク)だとあなたが初めての査読者です。グレーであればあなた以外の誰かが査読しています。

他の査読者にとって

他の査読者には、既に採用されたメッセージとそれらを査読した人数を知ることができる、という利点があります。つまり、彼らはチェックマークの色を手がかりに、メッセージ群内の未査読の翻訳に集中して査読できるのです。これらの未査読の翻訳は、査読者が確信を持てずに未査読のまま残しているものを含む場合があるため注意が必要で、理由は翻訳に自信がないと翻訳者が報告する手段がないからです。

 
メッセージ群「最近の翻訳」の査読。エディターを開いています。

最近の翻訳の査読

メッセージ群「最近の翻訳」は、翻訳の査読機能の中では最も便利かもしれません。これは、一部の用途では、特別:最近の更新特別:ウォッチリストに取って代わる可能性があります。

このページを開くと、自分が査読できる翻訳(自分の翻訳を除外する絞り込みをした場合は他の人の翻訳のみ)をすべて閲覧できます。必要な情報の大部分が表示され、さらに詳しい情報は、翻訳エディターを開くと表示されます。

メッセージ群の初回の査読は、日時順に行うよりも、1 つのメッセージ群に集中して行なう方が好ましいです。次の節では、未査読を減らすための分割統治法を説明します。

規則的に査読する

校正という大変な作業にも、翻訳の査読機能により、メッセージ群全体の品質と一貫性を高いレベルに保つという醍醐味が生まれます。

メッセージ群を熟知している場合は、査読画面を開いて「すべての翻訳を査読」を選択し、すべてを一気に査読できます。ここでメッセージ文が正しく解釈されたことを確認しましょう。検索バーに原文の特定の用語を入力、翻訳メモリを絞り込み検索して、どの翻訳文でも同じ用法で使われているか確認してください。これで説明文書が改善できました。

次の機会にはメッセージ群を開き、新しい翻訳を示すアイコンを探して査読する対象を見つければよいのです。最近の更新を監視せずに済み、あるいはウォッチリストに加える件数が増え過ぎて非効率になる恐れもありません。

翻訳メモリは、似たようなメッセージの表現の一貫性を保つのには多少、役立つものの、特定の用語の使い方をさまざまな種類のメッセージ間で強制的に統一することはできません。この問題の技術的解決策はまだありませんが、訳語単位で一貫性を保つ便利なツールができました。これを使うと、少なくともひとつのメッセージ群で訳語を統一できます。通常よりも特に理解しにくい特殊な用語に対して複数の翻訳者が異なる訳語を使うと、全体的な翻訳が混乱してしまう原因になります。そこで、もし訳語の統一が改善されると翻訳メモリによる提案が一貫し、結果としてすべてのメッセージ群間の一貫性が向上するはずです。

 
左上に状態 (図では未設定) があるメッセージ群

作業の流れ

翻訳拡張機能の設計思想は、翻訳文をできるだけ速く公開し、翻訳者に自分の作業の与える影響を示そうとします。もしこの機能を使う前に訳文の品質を確かめたければ、正規のプロセスという選択があります。メッセージ群の統計を開き、ワークフローを実行してください。

翻訳の査読は訳文の見た目や使用には何の影響も与えず、Flagged revisions 拡張機能とは全く異なるツールです。翻訳の査読の目的は閲覧者に対して最も優れた翻訳を探して提供することではなく、翻訳の品質を高めるように奨励することにあるのです。

Reviewing of translation can be combined with message group workflow states by having a proofreading state to be used by proofreaders to coordinate. As explained in more detail in the relevant page, the two features do not interact with each other: they are controlled separately by the users.