トークページプロジェクト

This page is a translated version of the page Talk pages project and the translation is 98% complete.

このページは編集機能チームが担当するトークページについて、ウィキペディアの貢献者同士が意思疎通する機能の改善を取り上げます。

この作業の目的、これまでの経緯でどのような影響があったか情報を載せ、合わせて、なぜ現在、トークページの改善が急務なのか説明します。

このプロジェクトの進捗状況をつかむには、ぜひTalk pages project/Updates ページをウォッチリストに入れ、ページを定期的に閲覧するようお勧めしています。 特定の話題が協議されるとき、下記の通知先一覧欄に署名をしておくと通知が届きます。 トークページ プロジェクト/参加する

現在のイニシアチブ

この節でご紹介するプロジェクトは現在進行中です。また実装先の一覧には、それぞれの状況を添えてあります。

それぞれのプロジェクトでは、ウィキペディアの貢献者にとってトークページを使った意思疎通がより生産的になり、よりよい経験となるよう、目指しています。

プロジェクト群

展開の状況

ウィキ 返信ツール 新しい議論ツール トピックの購読 利用者の署名要件
アラビア語版ウィキペディア, チェコ語版ウィキペディア, ハンガリー語版ウィキペディア オプトアウト方式の利用者の個人設定 オプトイン方式のベータ機能 オプトインのベータ機能 「新しい」署名に適用
Goan Konkani Wiktionary, 英語版ウィキブックス
ウィキメディア・コモンズ, ウィキデータ, ウィキスピーシーズ, メタウィキ, MediaWiki.org オプトイン方式のベータ機能
フランス語版ウィキペディア, フィンランド語版ウィキペディア, ロシア語版ウィキペディア, ドイツ語版ウィキペディア
英語版ウィキペディア まだ利用できません
他のすべてのウィキペディア オプトアウト方式の利用者の個人設定 オプトイン方式のベータ機能
他のすべてのプロジェクト
アラビア語版、オランダ語版、フランス語版、ハンガリー語版ウィキペディアは「提携ウィキ」としてこのプロジェクトに参加しています。 すなわち、トークページ用の新しい意思疎通ツールは、これらのウィキで最初に実装されます。編集機能チームは提携ウィキと協力して、改善に取り組みます。 これらのツールをあなたのウィキに展開したい場合、トークページにてお申し出ください。

未解決の質問

この節では編集機能チームがあなたからの回答を求めている質問を列挙しています。

協力者募集中

この節で挙げられた質問例に興味がある場合、「参加」(Participate)のサブページに利用者名を追加してください。

すでに導入したおよそ40名は、このプロジェクト関連で開発中の新しいツール群にそれぞれの専門知識や経験知を投稿しています。編集者のうちトークページを活用して意思疎通を図る現在ならびに将来の人々にとって必ず価値があり便利になることが目標です。

更新

 
As of October 2021, more than 400,000 comments have been posted through Extension:DiscussionTools

トークページプロジェクトの最新ニュースを受け取るには「Updates」のサブページをウォッチリストに入れてください。 編集機能チームはこのページで新機能の開発と実装の計画を共有し、新機能に役に立つよう利用者向けの質問を掲出する予定です。

最新ニュースは基本的には1か月毎に更新されます。 最近のニュースについてはこのリンクで閲覧できます: (2021-07-23) .

「Update」サブページのほかには下記のページでも最新情報について閲覧できます:

目的

ウィキペディアは投稿者の共同作業に依存しており、意思疎通はその作業で重要な部分を占めています。[1]

ところが、ウィキペディア上の意思疎通はトークページで交わされるため、投稿者の経験値によっては使いにくいという問題があります。

専門知識を備えた投稿者は他の投稿者のために手作業を代行するとペースが落ちた と報告しており、「……まず投稿について誰がいつ実行したかを確認する目的は、会話の流れを把握するため、適切な場合はユーザーのトークページに書き込むため、あるいは単に返信する価値があるかどうか投稿の新鮮度を確認するため」だとしています。[2]

ところが経験の浅い投稿者ほど、コメントへの返信などの基本的な動作をややこしいと感じがちです。 その人たちの中には場合によって、記事のページとトークページを混同している人もいます。[3]

このプロジェクトで編集機能チームは主に2点の目標を立てました。 開発するツールの目的:

  1. 編集者学者にとってわかりやすい意思疎通の方法にして、生産的な投稿者へ成長を導くこと。[4]
  2. 経験が長いほど、自分のウィキ作業について他の利用者と意思疎通したり共同作業をする上で弾みがつく。

このプロジェクトは2019年トークページに関する聞き取り調査の成果であり、既存の意思疎通用ツールならびにその改善を主題として、5ヵ月にわたり15言語を横断する20件のウィキでボランティアを動員し、4プロジェクト (ウィキペディア、コモンズ、ウィキデータ、ウィクショナリー) ならびにウィキメディア財団職員から各人の経験を集めました。

トークページ・プロジェクトは、ウィキメディア運動の中期計画に準拠します。 わけても同計画の優先事項として活力のある運動の「……編集初学者を歓迎しサポートする」を支えるものです。 私たちの分析では、活動歴の浅い編集者が習熟と上達を左右される要素として、経験値の高い編集者と意思疎通できる能力、すなわち直感的にトークページを使えるかどうかによって左右される点があります。[4]

用語集

トークページ・プロジェクトの用語集の目的は、このプロジェクトでお互いに使う用語の意味を統一し、参加者全員がトークページに関する意見交換ならびに文書化においてより効率的に動けるようにすることです。

脚注

他のプロジェクトでも、投稿者がトークページでより良い経験ができるよう、過去にも現在も改善の努力が続いています。 その存在が続くためにも、この固有のプロジェクトの存在意義があります。 チームでは今後も、たとえば下記のプロジェクト群から知見を得ていくつもりです。

もし皆さんから、目を配っておくと良いプロジェクトあるいは情報源のおすすめがありましたら、トークページで発言をお願いします。

トークページ・プロジェクト:

よくある質問

新しいトークページはいつ公開しますか?

トークページの「新版」 を一気に公開するわけではありません。 その代わり、このプロジェクトでは暫時、一連の改善を繰り返して加えていき、時間と共に実装します。

トークページはどのように変更される予定ですか?

  • 機能によっては新しいウィキ文の導入により実現します。 そうはいうものの、ウィキ文を変更できるのは、投稿者の役に立つ新機能を有効にした利用者に限定されます。 新機能の例としては特定のコメントへの返信、特定の議題をウォッチリストに追加する、といったものが挙げられます。
  • ページに「議論」タブがある場合には、暫定的に変更する
  • 現状では metadata – 現状では一部のトークページのみ冒頭に表示 – のある場合のみ変更する
なお、上記のリストはプロジェクトが進むにつれて変更される可能性が大きいです。

このプロジェクトはどのぐらいの期間続く予定ですか?

1年から2年の予定です。

関連ページ