Reading/Web/Desktop Improvements/検索

This page is a translated version of the page Reading/Web/Desktop Improvements/Features/Search and the translation is 100% complete.

私たちのプロジェクト群では編集者の皆さんが誰でも自分が探している 記事を素早く効率よく探す能力を備えてもらいたいと願っています。 そのためには検索機能が非常に重要ですが、現状の検索の経験には領域や問題で改善の余地がいくつかあります。 まず第一に、検索窓の配置が標準的ではないため、私たちのサイトを初めて開いた人にはどこにあるのか分かりにくいし、前に使った人でも場所を思い出しにくい状態です。 第2点は、検索作業中、現在は検索結果を表示してもまったく文脈を伴わないため、的確な結果に行き着くまで意外に時間がかかるのです。

当チームの目標は使いやすくて結果が早く出やすい方向に検索の体験を改善することにあります。 具体的な課題は以下のとおりです。

  • 検索窓をもっと目立つ場所に移し、探しやすくする
  • 画像その他の文脈を伝える情報を添えて検索結果の一読性(スキャナビリティ)を高める

リリースの日程

これら変更点は繰り返し開発に入り、初回の実装として検索窓を新しい配置に変え、2020年9月にOffice Wiki ならびに Test Wikiに、続いて初期採用ウィキ群に導入しています。 新しい検索体験の第2次の反復(vue.jsでビルド)は2021年1月に実装の計画です。 この反復では適切な場合は検索結果に画像とコンテンツの説明を追加します。 詳細はメインの機能ページを参照してください。

機能の説明と要件

  • 検索バーはページのヘッダ部分の新しい位置に移します。
  • 検索バーには(可能なら)ページ毎に画像を1件配置し、合わせて(可能なら)そのページ用の説明を添えます。 ページの説明はローカル単位もしくはウィキデータの説明を使い、基準はそれぞれのウィキの方針です。

デザイン要件とガイドライン

配置の変更

 

新しい検索の機能性

 

ユーザーテスト

目標

ユーザーテストは usertesting.com で実施、以下の各項目に焦点を当てました:

  • 使いやすさに関する主要な問題のうち、見逃した可能性がある点を特定
  • 検索をする使用者の検索動作を分解として識別し、より詳細に調べる:
    • (a) おすすめの検索結果一覧から1つ選んでクリック
    • (b) キーボードの〈enter〉キーを押す
    • (c) 画面の〈Search〉ボタンを押す
  • 〈Search〉ボタンの機能は利用者にどう理解されているか調べること
  • 「Xを含むページを探す」というリンクは利用者にどう理解されているか調べること

考察

usertesting.com では参加者にさまざまなタスクを出題し、その中に検索していろいろな記事を探す作業もありました(検索窓を使うという指示は明示していません。) 参加グループは以下の2件がありました。

第1グループ

  • 17名
  • 第1グループ参加者が使う検索子は //Egypt//、//Cave art//、//Banana//、and //Purple//(エジプト、壁画、バナナ、紫)

第2グループ

  • 15名
  • 第2グループ参加者が使う検索子は //Electricity//、//Banana//、//Willow trees//、//Romeo and Juliet//、 //Purple//(電力、バナナ、ヤナギ、ロメオとジュリエット)

どちらのグループも年齢層や地理的位置は混成しています:

知見

  • 0 人が検索の手順で戸惑った
  • 合計117件の検索を実行した内訳:
    • 86件は検索結果一覧から選択
    • 19件は〈enter〉キーを使用
    • 12件は「検索」ボタンで実行
  • 被験者が「検索」ボタンを見て予測した機能とは:
    • 回答者23名中16名は検索結果の1件目が開くと予測
    • 回答者23名中7名は検索結果一覧が表示されると予測
    • 注記:全員がキーボードの〈enter〉キーと画面の「検索」ボタンは同じ機能と予測
  • 「Search for pages containing Purple」リンクを押した場合の挙動の予測 (※〈Purple〉(紫)を含むページを検索):
    • 回答者25名中25名は「Purple」(紫)という単語が文中に記されたページの一覧が表示されると予測

注記:

  • 初回調査ではPancake(パンケーキ)の記事で作業をしてもらい、次にEgypt(エジプト)の記事に進むよう指示。 そこに到達する方法は明示しなかった パンケーキの記事では10人中7人が「エジプト」のリンクを探した
  • Cave art(壁画)を検索したのに画像が表示されないのはおかしいとの指摘はひとり— これをヒントに考えたのは画像入りの記事と比べた場合、画像がない記事は質が劣るとみなされるかどうか?
  • 検索結果の読み込みが非常に遅延した事例は2件あり、〈Search〉ボタンを使用
  • 検索結果の表示を見るため、画面下部までキーボードを使ってスクロールした人は少数派 (2、3人)

数量的テスト

早期採用のウィキにおいて A/B テストを行う予定です:

  • 検索バー(窓)の配置について旧来と改善案の対比
  • 検索について旧来と新式のウィジェットを対比

以下の指標を追跡する計画です:

  • 検索作業を開始
  • 検索作業を完了

目標値は個別の変更ごとに 2.5% 増、検索作業をした事例の総体的な増加は5%

制限

 
ブラウザ窓の縮小拡大により発生したバグの画面キャプチャ。ベクター外装に導入した新しい検索機能に伴って発生

検索の新しい実施方法に伴い、現在、バグが発生しています。 検索を始めてから利用者がブラウザ窓のサイズを変えた場合、検索結果の表示は続くものの、検索語の入力と連動しません。 再度、検索をかけた場合のみ結果の表示位置が変わります。 新しい検索ウィジェットの導入に合わせてこの点を修正する予定です。

設定

新しい検索機能では検索結果とともに画像1件やローカルもしくはウィキデータの説明文も見ることができます。 これはプロジェクト単位で設定できます。 現状では構成は次のとおりです:

Project Description Images
ウィキブックス いいえ いいえ
コモンズ いいえ いいえ
ウィキデータ はい はい
ウィキニュース いいえ はい
ウィキペディア はい はい
ウィキソース いいえ いいえ
ウィキスピーシーズ はい はい
ウィキクォート はい はい
ウィキバーシティ いいえ はい
ウィキボヤージュ はい はい
ウィクショナリー いいえ はい