利用者の署名要件の改訂

This page is a translated version of the page New requirements for user signatures and the translation is 97% complete.

利用者の署名を取り入れるウィキは多く、それぞれ固有の要件を設けています。 編集機能チームでは署名要件をコード化してウィキペディアのソフトウェアに埋め込むという案につき、 皆さんからのご意見ご感想を募集中です。 この措置が実現すると、トークページで特定のコメントへの返信することが楽になり、また他のツールの利便性も高まります。

提案の詳細とその理由は下記でご紹介します:

入力: フィードバック

皆さんからこのプロジェクトにぜひご意見ご感想をお聞かせください。

次の質問の回答とコメントの投稿先は、トークページです:

  1. もし署名確認要件が導入されると、皆さんのウィキでどのような不都合がありますか?
  2. この改訂実施に先立ち、チームが知っておくべきことはありますか?
  3. 現在の署名が、改訂案の要件に見合わない場合、どんな対策をすればよいですか? たとえば使用禁止にしますか?

上記の質問は議論の糸口であり、ほかの話題も受け付けています。皆さんがこれは発言しておきたいという内容を、ぜひお聞かせください。

背景: この変更の理由

ウィキメディアのプロジェクト群ならびに利用者グループのボランティア参加者20名とウィキメディア財団職員は2019年、トークページの協議に参加ました。これはオンウィキのコミュニケーションにもっと適したツールとは何にか、定義する努力の一環です。

この協議から得た成果のひとつが、トークページで特定のコメントに対してもっと楽に返信したいという声でした。

この機能がきちんと作動するにはソフトウェアが処理できる「機械可読」な署名を要件として、それを使って利用者の特定のコメント検出の信頼性を高め、返信へとつなぐ必要があります。

障害は、すでに多くのウィキで署名要件を取り入れているものの、ソフトウェア本体にその要件を組み込んでいない点です。 そのため、もしウィキの慣例を破る署名が使われた場合、可能性としてですが、ほかの人が協議に参加する妨害がされるという事態が増えるかもしれないのです。

署名の書式の統一性を高めることは既存の機能の改善にもつながり、たとえば「言及」の通知は編集箇所の署名を検出できた場合にのみ、送信されるものだからです。

提案: 署名検証の要件

This is an archived record of a previous proposal. Please do not modify it. A summary of the conclusions reached is in the #Outcome section.

この改訂は特段の障害がない限り、2020年4月にも実施される可能性があります。 皆さんからのご意見に従って特段の修正が必要な場合、実装時期が延びる可能性があります。

提言された3点の修正はこの節で説明します。これらは個人設定において利用者が修正済みの署名を保存するときに適用を受けます。 編集機能チームの提言では、 既存の署名には影響 *なし* とされています

無効な HTML およびその他の Linter エラーを許可しない

最重要ポイントは、この変更によって書式タグの「閉じる」ほうが欠けたままでは使えなくなり、‎<i>''あるいはそれに対応するウィキ文で「閉じる」タグが必須です(後者の場合は ‎</i> または ''のこと)。 不適格なマークアップを含む署名は、連続するコメントにタグの不備が影響することから、それを記入した議論のページ全体に影響を及ぼしかねません。

チェック機能によりタグの入れ子のエラーも検出し、<b>foo<i>bar</b></i> がその例で(2個の i タグあるいは2個の bタグは外側に書くべき)、露出したタグつまり「閉じる」タグはあるのに「開く」タグが欠けている場合も検出します(つまり前述の「閉じ忘れの書式タグ」の反対バージョン)。

もっと深刻度が低いエラーを含む署名も、当然、許可されません。たとえば廃止された HTML の‎<tt>...‎</tt>‎<font>...‎</font>などです。これらは直近に問題を引き起こさなくても、この段階で不許可にすると、ウィキの新規ページに記述されるかもしれない廃止済みコードを除去することで、リントエラーの掃除をする編集者の負担を減らします。

許可されなくなる構文の特性は、リンターエラーのあるコードの更新や修正の説明を添えて、こちらのアドレスに総覧がまとめてあります。

書式タグで「閉じる」タグが欠けている場合、すでにソフトウェアが防止しているはずでしたが、現状のウィキ文パーサに限界があり、ソフトウェアによる予防措置は作動する状態が限定されています。Parsoidの導入により、堅牢な自動処理が可能になりました。

利用者ページ、トークページもしくは編集履歴のリンクは必須

さまざまなツールの正常な機能を妨げないためには、署名に以下のリンクを最低1件含む必要があります。すなわちその利用者の利用者ページ、利用者トークページ、投稿記録ページ。 一例として「言及」の通知を発信せず、今後の議論用ツールでは無効な署名ではコメントに対する返信を禁じる予定です。 またガジェットその他のツールで署名と連動するものも、期待される挙動が妨げられる可能性があります。

この要件は、多くのウィキメディア・ウィキの方針で長い間、提示されており、それでもメディアウィキのソフトウェアによる処置は徹底してきませんでした。[1]

署名に「入れ子の」代用を許可しない

一部のsubst: マークアップやチルダ記号「~」の使い方を署名で禁止する可能性があります。 以前はこれらの機能を使い、利用者のコメントに署名すると二次的な編集者名を表示することができました。 署名の詐称はどのような形態であれ、ずいぶん前から大手のウィキで禁止されており、現状ではソフトウェアを使ってこれらの詐称を予防します。 簡単な subst:マークアップは今後も利用可能。

Additional proposal (2021)

Disallow line breaks in signature

This is an archived record of a previous proposal. Please do not modify it. A summary of the conclusions reached is in the #Outcome section.

The signature must consist of a single line of wikitext. Line breaks can result in incorrect formatting when the signature is used in a nested comment. They can also cause problems with tools used on discussion pages. This affects the literal carriage return and line feed characters, not ‎<br> and ‎<p>.

At this time, you cannot add these characters to a custom signature in Special:Preferences. This proposal will prevent them from being added via a substituted signature template or by editing your preferences programatically.

影響: 改訂の効果

既存の署名はどうなりますか?

既存の署名のうち、新しい要件のもとで無効となるものは現状では容認されます(新しい条件の適用免除)。 ご自分の個人設定を開いた宗、これに関する警告メッセージが表示された場合に既存の署名を変更すると、有効な署名は変更したほうに置き換えられます。 ただここで修正しない場合には、署名をするときにこれまでどおりの表記を使うことができ、その他の個人設定の項目を変更しても署名に影響しません。

既存の署名は使用禁止にするかどうか、ご意見ご感想をお聞かせください。 もし適切でない署名を許可しない場合、その影響を受けた利用者本人が特別の設定の既定をした署名を修正するまで、代わりに当該する利用者の既定の署名が表示されます。

この改訂はいつ実施しますか?

コメント募集は2020年3月31日までを想定しています。 編集機能チームはこのプロジェクトの結論を4月初めに出そうとしています。 結果はトークページにて発表します。

特段の障害が発生しない限り、この改訂の実施は2020年4月初旬より早まることはありません。皆さんからのフィードバックを受け、チームが特段の修正を行う必要が生じた場合、左記の日程を延期する可能性があります。

改訂が行われたかどうか、判断するには?

この改訂の実装前に、m:Tech/News に再度、告知を載せてお知らせします。

署名要件に不適合だった場合、どんなエラー警告を表示しますか?

HTML/lintのエラーに対して、リントの間違いを解説する既存のページへのリンク、たとえばHelp:Extension:Linter/missing-end-tagを示し、付帯のボタンを押すと、署名のどの部分がエラーか強調表示させます。

必要なリンクが不足したというエラーには、ウィキ文の構文例が表示されます。

結果

Original proposal

提案は多くの賛同を得ました。ボランティアの皆さんから集まったコメントに対応し、いくつか小さな変更をほどこし、不明瞭だった点を明白に変えました。

  1. 無効な HTML や Linter エラーは不許可
    これらの変更の範囲は縮小されるはずです。 入れ子のエラーならびにリンクが露出したタグは却下されます。優先度の低いエラーは、依然として合格となります。特記すべきは‎<tt>...‎</tt>‎<font>...‎</font>など廃止された HTML タグは、今回は禁止対象ではありません。 この決定はこれら使われなくなったHTML の除去について、将来、反対または賛成する決定をなんら妨げるものではありません。
  2. 利用者ページ、そのトークページもしくは編集履歴のリンクを必須とする
    本来の計画どおり、反映されます。
    明白性を期すなら、それらのページと結ぶローカルの直接リンク(古い利用者名からなどリダイレクトは不可)が1件以上、存在しなければなりません。 すなわち、[[User:Example|Example]] ([[m:User talk:Example]])という署名が仮にあったとすると、これは容認され(ローカルのリンク1件プラス他のウィキへのリンク1件)、他のウィキへのリンクしかない署名や、古い利用者名からのリダイレクトしかない署名は無効です。 原因は技術的な問題です。
  3. 署名に「入れ子の」代用を許可しない
    本来の計画どおり、反映されます。

変更を反映する手順は次のとおりです。

  •   完了 新規の要件が実装されたら、技術ニュースに一般的なお知らせとして掲載します。
  •   完了 サーバ上にソフトウェアの変更を反映した段階で、利用者は無効なカスタム署名を保存できなくなります。しかしながら、既存の署名は削除されません。
  •   進行中 活動中の編集者で無効な署名をお持ちの場合は、変更をお勧めします。その手続き終了には数ヵ月かかる可能性があります。
  • 最終的には、すべての署名が例外なく新しい要件に適合する必要があります。カスタム署名の修正に応じない編集者は、その署名は機能しなくなり、既定の署名が代入されます。

サードパーティのウィキでは手動でこの変更を反映してください。

2021 proposal

The line break characters carriage return and line feed (but not the HTML codes for them, e.g., ‎<br /> and ‎<p>) are disallowed.

注記

  1. 例の一覧は T237700 をご参照ください。