Open main menu

Help:Extension:Translate/メッセージ群の統計

This page is a translated version of the page Help:Extension:Translate/Message group states and the translation is 100% complete.

Other languages:
Deutsch • ‎Deutsch (Sie-Form)‎ • ‎English • ‎Kiswahili • ‎Nederlands • ‎Zazaki • ‎català • ‎dansk • ‎español • ‎français • ‎lietuvių • ‎polski • ‎português do Brasil • ‎čeština • ‎Ελληνικά • ‎русский • ‎українська • ‎العربية • ‎中文 • ‎日本語
LanguageStats ではその言語の各メッセージ群の状態をチェックできます。
このページは、メッセージ群のワークフローの状態の説明文書です。ある団体が MediaWiki の Translate 拡張機能を使って、記者発表資料を翻訳していたと仮定します。どんな使い方をするでしょうか? まずウィキ上に記者発表資料を入力し、翻訳可能のフラグを付けて翻訳者に作業を呼びかけるでしょう。翻訳が完了するとウェブサイト上のどこにでも公開できるものの、翻訳や、もっと重要な査読や訂正がいつほんとうに完了するか把握できるでしょうか?(品質の保証を参照)公表後、もし誤りが見つかって訂正されると、ウェブサイトも更新が必要でしょうか?

メッセージ群ワークフローはこの使用例を想定した機能で、メッセージ群にタグを付けて「翻訳中」「査読」「完了」など状態を表示します。これにより、別の連絡方法を設けなくても、記者発表資料に関わる異なる役割が明確に現状を説明できるようになります。翻訳者は作業が終わったと考えた時点を示し、他の翻訳者に既に公開された翻訳はどれか伝わります。翻訳管理者はときどき巡回して準備ができた翻訳を選んで公開したり、また既に公表したページの更新もできるのです。これがワークフローです。

セットアップ

既定では、この機能は無効になっています。 ウィキの構成で準備 します (LocalSettings.php )。何の状態を設定するか決めたら hex 形式で色を割り当てます。さらに既定で状態を変更できる利用者グループを選択できます。

以下は設定の例です。


$wgTranslateWorkflowStates = array(
     'new' => array( 'color' => 'FF0000' ), // red
     'needs_proofreading' => array( 'color' => '0000FF' ), // blue
     'ready' => array( 'color' => 'FFFF00' ), // yellow
     'published' => array( 'color' => '00FF00' ), // green
); 

$wgGroupPermissions['translator']['translate-groupreview'] = true;

メッセージ群はグローバルなワークフローを上書きして固有のものを表示でき、状態のレベルによって、アクセス許可をより詳細に制御できます。状態を選択できるのは、指定された権限を持つ利用者グループのみです。

$wgTranslateWorkflowStates = array(
     'published' => array( 'color' => 'FF0000', 'right' => 'translate-publish' )
);

$wgGroupPermissions['translationadmin']['translate-publish'] = true;

使用方法

 
Special:Translateでは状態が表示され、その状態を変更できます

設定が完了すると、Special:LanguageStats及びSpecial:MessageGroupStats の表は両方とも新しい列に現状を表示し、状態でソートできます。状態の変更はSpecial:Translateで行います。グループと言語を選択すると、メッセージ群の説明の上の角に状態を表示します。

この状態は単一のメッセージ群の単一の言語にのみ該当し、例えば翻訳対象の「Fréttinga」のページの、イタリア語訳すべてについて表示できます。対照的に単一の翻訳単位は受け入れられ、翻訳元の複数ページをそれ以上、翻訳しないように指定できます。

進捗状況の自動変更

2012年9月以降、Translate は状態の変更を自動で行っています。例えばもし全メッセージの翻訳が終わると状態は査読に、すべて査読が終わると完了に変更されます。

これら修正の条件をtransitions と呼びます。トランジションには次の変数ごとにゼロ以上の条件を取り得ます。未翻訳、要更新、翻訳済、査読済です (UNTRANSLATED、OUTDATED、TRANSLATED、PROOFREAD)。どの変数もその状態のメッセージ件数を表示します。未翻訳 UNTRANSLATED には要更新 OUTDATED の件数が含まれます。変数ごとに対応する値は、ZERO、NONZERO、MAX の3つです。例えば査読済 PROOFREAD の値に MAX を取るなら、 完了 の状態にトランジションできます。次のコードのサンプルをご参照ください。

特定のメッセージ群の状態はその言語で訳文に変更や査読が加わるたび、更新されます。宣言順に状態の遷移が反映されます。すべての条件を満たすまで、翻訳の対照は実行されません。翻訳がひとつも対応しない場合は、メッセージ群はその時点の状態のまま変わりません。

$wgTranslateWorkflowStates = array(
	// States
	// 'ready' => ( ... ),
	'state conditions' => array(
		array( 'ready', array( 'PROOFREAD' => 'MAX' ) ),
		array( 'proofreading', array( 'TRANSLATED' => 'MAX' ) ),
		array( 'unset', array( 'UNTRANSLATED' => 'MAX', 'OUTDATED' => 'ZERO', 'TRANSLATED' => 'ZERO' ) ),
		array( 'inprogress', array( 'UNTRANSLATED' => 'NONZERO' ) ),
	)
);