Extension:WikiEditor

This page is a translated version of the page Extension:WikiEditor and the translation is 100% complete.
この拡張機能は MediaWiki 1.18 以降に同梱されています。 そのため再度ダウンロードする必要はありません。 しかし、提供されているその他の手順に従う必要はあります。
MediaWiki 拡張機能マニュアル
WikiEditor
リリースの状態: 安定
説明 拡張可能なウィキテキスト編集用のインターフェイスとさまざまな機能モジュールを提供する
作者
最新バージョン 継続的な更新
MediaWiki >= 1.42.0
ライセンス GNU 一般公衆利用許諾書 2.0 以降
ダウンロード
README
ヘルプ Help:Extension:WikiEditor/ja
テスト・ウィキペディア
  • $wgWikiEditorRealtimePreview
  • $wgWikiEditorRealtimePreviewDebounce
  • $wgWikiEditorRealtimeDisableDuration
四半期ごとのダウンロード数 614 (Ranked 6th)
使用中の公開ウィキ 13,753 (Ranked 9th)
translatewiki.net で翻訳を利用できる場合は、WikiEditor 拡張機能の翻訳にご協力ください
問題点 未解決のタスク · バグを報告

WikiEditor 拡張機能はウィキテキストの編集に使う改善されたインターフェース(主にツールバー)を提供します。 ウィキペディアで2010年に導入された当初はPC版の利用者向けウィキテキストエディターだったことから、別名を2010年版ウィキテキストエディターといいます。

インストール

  • ダウンロードして、ファイルをextensions/フォルダー内のWikiEditorという名前のディレクトリ内に配置します。
    開発者とコード寄稿者は、上記の代わりに以下を使用してGitからインストールします:cd extensions/
    git clone https://gerrit.wikimedia.org/r/mediawiki/extensions/WikiEditor
  • 以下のコードを LocalSettings.php ファイルの末尾に追加します:
    wfLoadExtension( 'WikiEditor' );
    
  •   完了 – ウィキの「Special:Version」に移動して、拡張機能が正しくインストールされたことを確認します。

状況によっては、インストール後にウィキエディターがブラウザーに表示されない場合があります。 ブラウザーのキャッシュを消去すると問題点が解決するでしょう。

IIS 環境向けのヘルプ: 既定では、IIS は .svg ファイルを認識しません。 ウィキエディターは、アイコンを表現するために .svg ファイルを使用します。 これを修正するためには、MIMEタイプ追加の必要があります。

設定

ツールバーを有効化/無効化する

「インストールしたまま」使えて、特に設定は必要ありません。この拡張機能はインストールすると既定でログインの有無に関わらず誰でも利用できますし、ログイン利用者は個人設定で無効にでき、「編集ツールバーを有効にする」オプションのチェックを外してください(「編集」タブを探すとその下にあります。)

利用者全員が使用できるようにしたい場合で、無効化できない場合は、LocalSettings.php $wgHiddenPrefs に追加します:

$wgHiddenPrefs[] = 'usebetatoolbar';
MediaWiki バージョン:
1.31

REL1_31 未満の旧バージョンを使っていて、利用者が初めて参加した時からツールバーを表示させたい場合には、以下の行を自分の LocalSettings.php に追記します:

$wgDefaultUserOptions['usebetatoolbar'] = 1;

リアルタイム・プレビュー

MediaWiki バージョン:
1.39

以下のようにしてリアルタイム・プレビュー機能を有効化してください:

$wgWikiEditorRealtimePreview = true;

署名ボタン

利用者の署名を追加するボタン(4つのチルダ)は、トークページと $wgExtraSignatureNamespaces で指定された名前空間で利用可能です。

歴史

以前は「公開」および「プレビュー」の段階で使用する「ラボ」機能がありましたが、REL1_31 版以降は除去されました。

関連項目