Skin:ベクター/2022年版

This page is a translated version of the page Skin:Vector/2022 and the translation is 100% complete.
この外装は MediaWiki 1.38 以降に同梱されています。 そのため再度ダウンロードする必要はありません。 しかし、提供されているその他の手順に従う必要はあります。
MediaWiki 外装マニュアル - カテゴリ
OOjs UI icon layout-ltr.svg
Vector 2022
リリースの状態: 安定
Sticky header logged in.png
互換性ポリシー Snapshots releases along with MediaWiki. Master is not backwards compatible.
Composer mediawiki/vector-skin
ライセンス GNU 一般公衆利用許諾書 2.0 以降
ダウンロード
https://fr.wikipedia.org/
https://vi.wikipedia.org/
https://test.wikipedia.org/
パラメーター
translatewiki.net で翻訳を利用できる場合は、Vector/2022 外装の翻訳にご協力ください
使用状況とバージョン マトリクスを確認してください。
Vagrant role vector
問題点 : 未解決のタスク · バグを報告

Vector 2022 は MediaWiki の Vector 外装の第二進化版であり、デスクトップの改善プロジェクトの一部として、MediaWiki 1.38 で開発されています。 ウィキメディアのさまざまなプロジェクト群で既定の外装として使用されています。

インストール

  • ダウンロードして、ファイルを skins/ フォルダー内の Vector という名前のディレクトリ内に配置します。
  • LocalSettings.php の末尾に以下のコードを追加してください:
wfLoadSkin( 'Vector' );
  •   完了 - 自分のウィキの Special:Version に移動して、外装が正しくインストールされたことを確認してください。

Optional dependencies

Vector 2022 makes use of the following extensions, though none are hard requirements:

1.38 リリースについての注意事項

MediaWiki 1.36 から 1.38 までの間、この外装のサード パーティーでの利用は自己責任でしたが、1.38 リリースでサード パーティーが公式にサポートされました。

MediaWiki 1.36 から 1.38 の間で新しいベクターを使用していたサイトでは、1.38 リリースへのアップグレード時に課題にぶつかることになります。 これは避けられないことで、私たちが MediaWiki 1.38 未満で新しい外装の使用を控えている理由の 1 つです。

ベクター 2022 を既定の外装として使用していた場合、アップグレード後に LocalSettings.php 内の wgDefaultSkin を更新する必要があります:

$wgDefaultSkin = 'vector-2022';

サイトで利用者が新しいエクスペリエンスを選択できるようにした場合、これらの利用者にはレガシー ベクターが提供され、外装設定をベクター 2022 に更新するために Special:Preferences を再訪問する必要があります。

大規模なウィキでは、外装を変更するとログイン済み利用者に迷惑がかかる場合があるため、データベース内の既存の個人設定をアップグレードするためのメンテナンス スクリプトを書くことを検討するといいでしょう。 詳細は T299104Extension:WikimediaMaintenance を参照してください。

Configuration parameters

Note Vector has several unstable feature flags that may disappear at any time. Most of these feature flags relate to incomplete features. We do not recommend changing any feature flag from its default value unless listed here.

wgVectorMaxWidthOptions

Can be used to configure whether the max-width applies. Relatively stable at this point.

VectorLanguageInMainPageHeader

Controls whether the language button shows on the main page in the header.