Open main menu

Manual:MediaWiki の機能一覧

This page is a translated version of the page Manual:MediaWiki feature list and the translation is 100% complete.

Other languages:
Bahasa Indonesia • ‎Deutsch • ‎English • ‎dansk • ‎español • ‎français • ‎italiano • ‎português • ‎português do Brasil • ‎русский • ‎فارسی • ‎中文 • ‎日本語 • ‎한국어


このページではMediaWikiソフトウェアに組み込まれている機能のリストを説明します。 独自wikiのためにMediaWikiを使用するかどうかはwikiで運営したいウェブサイトの種類によります。 Wikipediaのソフトウェアにはユーザのニーズと開発者のアイディアから由来する多くの便利な機能があります -- しかし多機能は複雑であることも意味します。

MediaWikiの利用を始める前に、他のwikiエンジンを調べて(リストもしくは比較表をご覧下さい)あなたの要件により合うものがあるかどうか見て下さい。

新しい機能のリクエストは Phabricator に投稿してください。

私にMediaWikiは必要ですか?

MediaWikiのソフトウェアと拡張機能には機能と利点、長所と短所があり、人によって目的は違うものの、MediaWikiソフトと拡張機能を用いて、プログラム開発者もその他の使用者も考えつかなかった個性的で思いつきがよく創造的な使い方ができます。 MediaWikiの機能と特徴と長所をここでまとめておきます。 考えつく目的と工夫を書き出してリストを作ると、以下のリストと比べて合うところと合わないところを確認できます。 決心するのにもっと助けがいりますか? インターネット上にはオープンな議論の場があり、おもなMediaWikiページにある「議論」ページではほかの人とつながり経験を教えてもらうことができるのです。

注: 13-14ページに載せた例はMediaWiki 管理者 Tutorial Guideに記載: MediaWikiインストールのインストールと管理、カスタマイズはMizanur Rahman作(2007年作成) http://www.packtpub.com/

MediaWikiの機能 MediaWikiの利点 あなたの目標 あなたの資源
簡単な誘導: 熟練しなくても貢献が可能 ... ... ...
編集、フォーマット、脚注: コンテンツの管理と拾い出し ... ... ...
外観と使いやすさの変更: 自分好みに設定変更: ... ...
ファイルのアップロード: コンテンツ管理とシェア ... ... ...
多言語対応: UTF-8 支援により1件のソフトですべての言語を書き出します ...    
利用者管理: アクセスと保守管理 ...    
シンジケーション: サイと情報の共有 ...    
... その他 ... ... ... ...

先に述べた表の項目を埋めて改良し、訪問者がいまどんなところに手をつけようとしているのか理解する手助けをしてください。 どうもありがとうございます!

システム管理者がwikiを構築するときにあまり多くのことを考えに入れていないことがしばしば問題になります。 先に述べた表に書き込みが終わったら、wikiが果たしてあなたに最適なソフトウェアかどうか判断するため、以下の設問に答えてください。

  1. 私のサイトにどんな目的を持たせますか?
    wikiは共同で編集をしたりコンテンツを築くのにたいへん向いています; ただブログのような、その他の用途にはあまり適していません。 はたしてwikiがあなたに適した方法なのかよく考えてみましょう。
  2. このwikiを見ることができる人の数はどれくらいですか?
    例外はいくつかありますが、参加する人数が少ないグループでwikiの編集をする場合、wikiソフトウェアのインストールは必要ありません。 ユーザ群が大きくなるほど、あなたにとって有意義なwikiになる道があります。
  3. 私のwikiを編集する人の数はどれくらいを見込めますか?
    Wikiはそのオープンな特質のためいくつか管理をする項目があります。 編集者群が大きくなるほど、これら管理作業を請け負う人の数が増えるのです。
  4. MediaWikiの使い道は?
    MediaWikiはたいへん柔軟なwikiエンジンです; インストールはたいへん簡単で、しかも拡張機能を使ったり作ったりできるのです。 PHPの知識が少しあればこれらの用件しだいでMediaWikiを大幅にカスタマイズしてインストールすることができます。 もしもその気にさえなればMediaWikiはどの部分も"荒らし"に遭ってしまいます。
  5. MediaWikiは私に向いていますか?
    MediaWikiには限界があります。 さらに考えるべき限界とはMediaWikiはアクセス制御リストではないことです。 MediaWikiの存在理由はオープンなコンテンツの提供です; 最近のバージョンは保守を強化したモデルですが、個人別の保守アクセスには大きなギャップがあります。

MediaWikiの設定はどうすればいいですか?

もしMediaWikiがほんとうに的確な方策だと見きわめたなら、その先にも考慮すべきことがあります。

ここから提示する設問が、長い目で見て問題を最小限にとどめる設定を決めるために役に立つと思います。

  1. 私のwikiの読者はどんな人ですか?
    個人別のページ構成に関する問題はあれこれあっても、MediaWikiは誰にでもアクセスを許すのか拒否するのか定義できます。 ですから、インターネット上の人すべてにあなたのwikiの内容を見せたいのか、その特別な待遇はあなたのwikiにアカウントを解説した人に限定するのか、あなた自身に問いかけてみてください。
  2. 誰にわたしのwikiを編集させますか?
    もっとも一般的な設問はウィキペディアの方式と同じようにあなたのwikiの編集をすべての人に許可したいかどうかです。 MediaWikiには精密に考えた編集の制限があります; たとえば議論のページは登録していないユーザでも編集ができますが、登録から特定の期間を過ごしたユーザにしかコンテンツページの編集を認めていません。 編集をシスオペに限定することも、カスタム利用者グループを作ってあなたが代表者になることもできます。
  3. 誰が私のwikiに登録できますか?
    上記の設問に対するいくつかの答えによっては、wikiに登録できる対象を規制しようと決めるかもしれません。 だれでも登録を認めるか; その権限は管理者に限定し、あなたが決めた段取りで新しいユーザにアカウントを設定する責任をその人に任せることもできます。
  4. 利用者グループごとにどんな権限を与えようと思いますか?
    これこそしっかり考えなければならない設問です。 あるグループに権限を与えたりとりもどしたりする行為はwikiの規模が大きいほど議論の余地が相当にあり、各ユーザに与える権限を慎重に考えておくことが重要です。 登録していないユーザにページを作成を許しますか? 登録してあるユーザにページ作成を許しますか? wiki管理者にページのブロックや削除を認めますか、あるいはさらに大きな権限を与えますか? 権限を増やすのは誰の責任ですか? 削除は誰の責任ですか? 精密な権限を誰に与えますか、たとえば次のような場合は?

監督チェック利用者巻き戻し

  1. 詳しい考え方と情報はManual:User rightsHelp:User rights management を参照。
  2. インストールしたほうがよい拡張機能は何ですか?
    いくつかの例外を除いて、拡張機能の追加は簡単です。Wikiと同時にインストールしても、wiki を使用し始めて何年か経ってからでも構いません。

これらの設問に答えたところで、あなたのwikiにおいてもっとも優先する項目が定義できたはずです。 インストールを始めるなら段取りはオペレーティングシステムにあります。

ルックアンドフィール

  • ショートカット付きのリンク, 並びは外装に依ります。
  • Skins : サイトを表すさまざまな方法
    • Monobook、アクセスキーとツールチップを持つモダンなスキン
    • ベクターという文字が読みやすく新しい外見があり、コンテンツの領域が広く、同じ名前の拡張機能とドロップダウンメニュー表示ができます。
  • 利用者スタイル: 利用者は利用者ページ上でカスタムCSSを通してサイトのルックアンドフィールを編集できます。
  • "Stub" threshold(スタブスレショールド・スタブの敷居): ユーザは異なる色でレンダーされたあるサイズ以下の記事へのリンクを見ることが出来ます
  • Printable versions(印刷可能なバージョン)の記事を生成することが出来ます
  • 自動連番の見出し: 記事(オプション)
  • 内部ページアンカー (見出しのために自動的に生成され、<div id="tagname">...</div>を伴います)
  • 内容のテーブルの生成 長い記事のため (オプション)
  • 自動的にISBN番号を書籍販売業者が編集可能なリンクに変換する
  • XHTML-互換の出力 (もしくはそれに近いものに見繕う)、tidyの統合

マルチメディアと拡張機能

  • ファイルのアップロード機能 グラフィックもしくはサウンドファイルをアップロードすることを可能にします。実行方法についてはSpecial:Uploadをご覧下さい。Uploading files に説明があります。 アップロードされたファイルは最近更新したページにリスト表示され、Special:Log/uploadにも記録されます。
  • LaTeX構文を使用した数式表示: texvcをご覧下さい
  • ImageMagickもしくはlibgdを使用した画像の自動的なリサイジングと画像の短い説明文と画像の配置のためのシンプルな構文
  • WikiHiero 古代エジプトのためのヒエログラフ(個別にコンポーネントをインストールする必要があります)
  • Graph - あらゆる種類のグラフ用 (個別にインストールされたコンポーネントが必要)

編集の追跡

  • ウォッチリスト すべてのページには"ウォッチリストに追加"のリンクがあります。 興味があると宣言した記事の変更を追跡するためにSpecial:Watchlistを使用します; ウォッチされた記事は最近更新したページのリストにも太文字で表示されます。
  • ユーザの投稿記録 それぞれのユーザページのサイドバーにユーザが投稿したすべての記事をデータベースに従ってリスト表示します。
  • 拡張された最近の更新 同じ記事へのダイナミックな変化と差分jへの素早いリンク、記事の履歴を表示する、ユーザページを表示する、トークページを表示する、もしくはユーザをブロックする(シスオペ用)
  • "最近更新されたページ": 現在のページからリンクされたページの最近の更新をフィルターしたバージョンで閲覧します。
  • 並んでいる差分 - 差分は並んで表示され、行の変更された部分はハイライトされ、何が何であるかを大いに見やすくしています。 加えて、差分は編集の衝突の間に表示されるので、再統合する必要があるものが何であるのかが正確にわかります。
  • 本名 - ユーザは(オプションで)ユーザクレジットのために"本名"を指定することが出来ます。
  • ページ内のクレジット アドミニストレータはクレジットをページの編集者に付与するページ上のパラグラフを有効にすることが出来ます。

構造と構文

  • 既定では、制限された HTML の使用のみが許可されます。 HTMLをフルに使うオプションは存在します。
  • UseModに基づいた構文を編集する、wiki構文とHTMLをサポートします。 リンクのためにフリーなリンクのみがサポートされます。キャメルケースはサポートされません(入念なデザイン決定)
  • 名前空間は内容の分離を可能にします(名前空間を表すために、[[Namespace:Page title]]を使用します)。
    • 討論 (Talk:) ページは記事ページから分離されています。"meta"プロジェクトページは内容のページから分離することが出来ます。画像ページは画像の説明のために使用されます。
    • MediaWikiの名前空間はすべてのユーザインターフェイステキストを含むので、他のwikiページと同じように編集することが出来ます
    • Template: カスタムメッセージのための名前空間です。 テンプレートは呼び出したページからテンプレートに渡される特定の値を置き換える文字列の変数を含むことが出来ます。
  • 名前空間にある任意のページのトランスクルージョン: {{:ページ名}}。 テンプレート を参照してください
  • ワードエクステンションリンキング: [[war]]sもしくは[[war]]time形式のリンクを含む場合、システムは自動的にそれをあたかも[[war|wars]]もしくは[[war|wartime]]が入力されたかのように表示します。
  • Parenthetical hiding [[kernel (mathematics)|]]形式のリンクを含む場合、挿入句の部分がリンクに隠れます: kernel。 これはリンクを難しくすることなくもしくは記事のテキストを散らかすことなく単語の異なる意味を曖昧化するために便利です。 きれいに見えるリンクが欲しい場合、名前空間が現れる場合にも動作します: [[Wikipedia:著作権|]]は著作権になります。
  • 記事の個別セクションへのリンク、例えば、MediaWiki roadmap#Version 1.4 (セクションタイトルの書き直しもしくは削除された場合にこれらのリンクが無効になることがあります -- これを緩和する修正が提案されました。)
  • 下位ページをサポートします("/Bar"を入力することで"Foo"から"Foo/Bar"へのリンク、"/Bar"、"Foo/Bar"は"Foo"へのバックリンクを含みます)、名前空間によって有効になっているか、または有効にすることができます(例えば、Wikipediaは現在過去ログ化を簡単にするためにノートページ上、および個人的なページのための利用者スペースを提供するために利用者ページ上で下位ページをサポートしています)
  • 現在のページの名前、現在の日時、記事の個数などの動的なデータを挿入するための特殊なキーワード
  • 複数のカテゴリはどのページにも割り当てることが出来ます、カテゴリ自身を含める、カテゴリの階層を作成することも出来ます。 カテゴリページは自動的に割り当てられたすべてのページのリストをサブカテゴリも含めて表示します。 カテゴリによって分類と階層化された内容の閲覧を可能にします。

編集

  • 節単位の編集 - ユーザは記事全体を読み込む代わりに記事の個別のセクション(見出しによって分割されます)を編集することを可能にするオプションを有効にすることが出来ます。
  • 編集ツールバー(JavaScriptベース)は太文字イタリックとしてテキストを整形します。(MozillaとIEで完全に動作します。他のブラウザは構文を表示するために使用しますが、テキストエリア内部のテキストを整形することは出来ません。それらのブラウザのJavaScriptの実装がサポートしていないからです)。 JavaScriptが無効になっている場合、ツールバーは表示されません。
  • 「最近の更新」に表示される編集の要約 セクションの編集時にはセクションのタイトルがあらかじめ入力されています。
  • ダブルクリックの編集: ユーザはダブルクリックをすることで記事を編集できるオプションを有効にすることが出来ます。
  • 編集プレビュー (編集ボックスの前後で表示されます)
  • 編集の衝突(ユーザによって編集されたページが他のユーザによって編集されている間に保存され、再び保存されること)を取り扱う。 可能であるならば自動的に変更を統合するか手作業で統合をするようにユーザは要求されます。
  • 細部の編集として編集をマークします; ユーザは最近更新されたページのリストから記事を隠すことを決定することが出来ます。 ログインしたユーザのみが細部の編集としてマークすることが出来ます。

スパムおよび荒らし

  • Manual:スパム対策 : リンクスパミングと、不正な編集の他の形式を防止します。
    • meta:Spam blacklist: ユーザがリンクできないようにするスパマーのドメインリスト。
  • Manual:Combating vandalism: このマニュアルには荒らしに対抗する拡張機能のヒントとリンクがあります。

議論

  • トークページ: それぞれのユーザ(すべての匿名ユーザを含む)とすべての記事はメッセージを残すことが出来る関連した記事を持ちます。 これらは"ノート:"("Talk:")、"利用者‐会話:"("User talk:")という個別の名前空間を持ちます。(上を参照)
  • メッセージの通知 (誰かがユーザの議論ページを編集した場合、ユーザは"新しいメッセージがあります")という通知をもらいます。; この機能は匿名ユーザにも動作します
  • 自動署名: 編集時に3つのチルダ(~)を入力して保存するだけで、ユーザ名とユーザページへのリンクに置き換わります。 4つのチルダを使用すると、現在の日付も同様に追加されます。 主に会話ページのためです。
  • ウィキを通した利用者にメールを送信する機能をサポートします (メールアドレスはユーザに表示されません)

多言語対応

バックエンド

  • データベース駆動 (MySQLとPostgreSQLの両方がサポートされています)
  • パーサキャッシング: 余分な処理を減らすためにレンダーされたページがキャッシュされます
  • 出力キャッシング: 他のクライアントに提供するために完全なページ出力を静的なHTMLファイルとしてオプションで保存することが出来ます; Squidプロクシをサポートします
  • Cookieベースのアカウントとログインシステムで匿名ユーザもページを編集することが出来る
  • 記事のすべてのリビジョンが保存されます(オプションで圧縮されます)
  • RSS Special:NewpagesSpecial:Recentchangesといった多くの特別ページでシンディケーションが利用可能です
  • RDF メタデータ

権限

  • 匿名ユーザ、ログインユーザ、シスオペ、ビューロクラットと開発者などの異なる権限
  • ログインユーザは次のことが出来ます:
    • ページの移動とページ名の変更
    • ファイルのアップロード
    • ウォッチリストの所有と使用
    • 編集に 細部の編集 の印を付ける (例: タイプ誤りの訂正)
  • 管理者は次のことが出来ます:
    • 編集からページを保護する
    • ページの削除と復元
    • 保護されたページの編集
    • IPアドレスでユーザを禁止する
    • オプションが有効になっている場合、ユーザ名によってユーザを禁止する。
    • オプションが有効になっている場合、SQLクエリを実行する。(Extension:Asksqlをご覧下さい)
  • "ビューロクラット"は次のことが出来ます:
    • 管理者を作成する
    • 利用者名を変更する
    • flag bots
  • 開発者は次のことが出来ます:
    • データベースをロックする
    • さまざまなメンテナンス タスクを実行する
  • 他のパーミッション スキーマ (例えばログイン利用者のみがページを編集できるようにする) を設定することができます

検索とクエリ

  • 全文検索
  • "Go"ボタン 指定された記事の内容を直接見ることが出来ます(正確にヒットしない場合は似た記事を探します)
  • "リンク元": 現在のページにリンクしているページを見ることが出来ます (バックリンク)
  • 特別レポートページ:
    • 新しいページ: 新しく作成された記事のリスト
    • 古いページ: タイムスタンプで昇順でソーとされた記事
    • 画像の一覧
    • 利用者の一覧
    • サイトの統計
    • 孤立した記事 (リンクが指定されていない記事)
    • 孤立した画像
    • 人気のある記事 (訪問者数でソートされます。カウンターが有効の場合のみ動作します)
    • 投稿が望まれているページ(存在していない記事でそれらを指定するリンク数によってソートされます)
    • 短い記事
    • 長い記事
    • タイトルによるすべての記事のリスト
  • クエリ API - スクリプトによる様々なメタデータへのアクセスを可能にする

その他

  • おまかせ表示 (Random article) の機能
  • ユーザはタイムゾーンを設定することが出来ます。これはすべてのレポートタイムスタンプに使用されます
  • 多くのレポートページの属性(結果の数など)はユーザオプションで設定することが出来ます。

ヘルプページが空であること

インストレーションにあるファイルはダウンロードに含まれないドキュメントを指定しているリンクを多く含むことに注意して下さい。 もっとも重要なことはヘルプファイルの空セットで、サイトの新しいユーザによって必要になります。 壊れたリンクを修復するために、(a) このサイトからエクスポートするもしくはヘルプページを手作業であなたのサイトにコピーして修正をする (b) ヘルプリンクがこのサイトを指定するように変更するために設置したwikiのパラメータを修正する。どちらも十分な作業時間が要求されることがあります。

今後