Extension:CLDR

This page is a translated version of the page Extension:CLDR and the translation is 100% complete.
MediaWiki 拡張機能マニュアル
OOjs UI icon advanced-invert.svg
CLDR
リリースの状態: 安定
ExampleOfCLDRExtension.png
実装 パーサー関数
説明 言語コードに基づいて言語、国、通貨、および時間単位の名前をローカライズする関数を提供します。
作者
最新バージョン 4.11.0 (継続的な更新)
MediaWiki 1.30+
データベースの変更 いいえ
Composer mediawiki/cldr
ライセンス GPL-2.0-or-later, data variant of BSD 3-clauses
ダウンロード 言語拡張機能バンドルに含まれるもの或いは
README
Translatewiki.net
master
translatewiki.net で翻訳を利用できる場合は、CLDR 拡張機能の翻訳にご協力ください

使用状況とバージョン マトリクスを確認してください。

CLDR拡張機能は、CLDRから抽出した様々な言語、国、通貨、時間単位のローカル名を提供します。 情報については translatewiki:CLDR を参照してください。

インストール

  • ダウンロードして、ファイルを extensions/ フォルダー内の cldr という名前のディレクトリ内に配置します。
  • 以下のコードを LocalSettings.php の末尾に追加します:
    wfLoadExtension( 'cldr' );
    
  •   完了 – ウィキの「Special:Version」に移動して、拡張機能が正しくインストールされたことを確認します。

git からダウンロードする場合は、ファイルを CLDR から cldr に変更します。

データの更新

CLDR 拡張機能には、言語ファイルにあらかじめ入力されたデータが付いていますが、Unicode コンソーシアムから最新のデータを取得する場合は、CLDR サイトからダウンロードしてから、再構築スクリプトを実行する必要があります。

CLDR サイトから最新のデータをダウンロードします:

http://www.unicode.org/cldr/repository_access.html

例 (cldr ディレクトリ内で):

wget http://www.unicode.org/Public/cldr/latest/core.zip
unzip core.zip -d core
php rebuild.php

使用法とパラメーター

言語名

CLDR は、static メソッド getNames() を持つクラス LanguageNames を定義します。 LanguageNames::getNames は以下の3つのパラメーターを受け取ります:

  1. code - the ISO 639 (see here for details) code of the preferred language to return the list in
  2. fbMethod - fallback method. Should be set to one of the following:
    • LanguageNames::FALLBACK_NATIVE (default): Missing entries fallback to the native name
    • LanguageNames::FALLBACK_NORMAL: Missing entries fallback through the fallback chain
  3. list - which languages to return. Should be set to one of the following:
    • LanguageNames::LIST_MW_SUPPORTED: Only languages that have localization in MediaWiki
    • LanguageNames::LIST_MW (default): All languages that are in Names.php
    • LanguageNames::LIST_MW_AND_CLDR: All languages that are either in MediaWiki or in CLDR

言語名はMediaWikiのコア機能でのアクセスが推奨されます:

// Japanisch
$name = Language::fetchLanguageName( 'ja', 'de', 'all' );

国名

CLDR は、static メソッド CountryNames を持つクラス CountryNames を定義します。 CountryNames::getNames は以下の1つのパラメーターを受け取ります:

  1. code - the ISO 639 code of the preferred language to return the list in

次の例では変数にCLDRの国のリストをフランス語で指定しています。

if ( is_callable( array( 'CountryNames', 'getNames' ) ) ) {
    $countries = CountryNames::getNames( 'fr' );
}

通貨名

CLDR は、static メソッド CurrencyNames を持つクラス CurrencyNames を定義します。 CurrencyNames::getNames は以下の1つのパラメーターを受け取ります:

  1. code - the ISO 639 code of the preferred language to return the list in

次の例では変数にCLDRの通貨リストをドイツ語で指定しています。

if ( is_callable( array( 'CurrencyNames', 'getNames' ) ) ) {
    $currencies = CurrencyNames::getNames( 'de' );
}
CLDRはとても多くの通貨があり、その中の一部は現在使われていない通貨になっています。


関連項目