Manual:キャッシュ破棄

This page is a translated version of the page Manual:Purge and the translation is 94% complete.

キャッシュ破棄 (PurgingPurgeパージ) はページのキャッシュを強制的に破棄し、ソースまたはスクリプトを再実行することで強制的にページを再表示します。 It is used to ensure that recent changes are made immediately visible.

MediaWiki ページを簡単に「キャッシュ破棄」する 1 つの方法は、キャッシュ破棄したいページの「履歴表示」タブをクリックし、ブラウザーのアドレス欄で URL 末尾の「history」という部分を「purge」に変えて (「=」の直後) Enter キーを押します。 URLは以下にあるうちの、どれかのようになっているはずです。

  • ページをパージするには、見ているページのURLに ?action=purge を追加します。 例:
http://example.org/wiki/Main_Page?action=purge
  • URL がクエリ文字列に他のパラメーターを含んでいる場合は、クエリ文字列にアンパサンド (&) に続けてキャッシュ破棄操作 (purge action) を追加します。 例:
http://example.org/wiki/index.php?title=Main_Page&action=purge
上記URLのホスト部の example.org を、MediaWIki インストレーションのホスト名に変更することを忘れないでください。

リクエストには確認が必須

POSTによるパージのリクエストは自動的に実行されます。 クエリ文字列でパージをリクエストした場合は、確認フォームが表示されます。[1] パージを完遂するには、このフォームがサブミットされなければなりません。 この動作は、リンクをたどってきたウェブ スパイダーなどが、うっかりページのキャッシュを破棄しないようにするための予防策です。

画像のサムネイルのパージ

画像の説明ページでパージが実行されると、その画像のサムネイルのキャッシュが破棄されます。

カテゴリ

MediaWiki バージョン:
1.38
Gerrit change 756107

If purge is run on a category with less than 5000 members, the category will be recounted from scratch (T85696).

空編集

関連項目: m:Help:Null edit


パージはページの表示だけを更新し、ページのリンクテーブルは更新しません。 これらのリンクのテーブル群はページのリンク元の一覧を管理しています (例えば、カテゴリ ページで列挙されているページ、Special:Whatlinkshere、その他の「query」特別ページ群)。 リンクテーブルを強制的に更新するには、空編集と呼ばれる方法があります。 「編集」をクリックし、何も変更せずに保存します。 そうすることで、ページの履歴に編集を表示せずに、リンクテーブルのみ更新されます。

別の方法として、APIのpurge モジュールをforcelinkupdateオプション付きで呼び出す方法があります。

このオプションが有効なのは対象が api の場合のみです。 個別の index.php url に forcelinkupdate を追加しても効果はありません。

関連項目

脚注