Manual:$wgEnableEmail

This page is a translated version of the page Manual:$wgEnableEmail and the translation is 100% complete.
メールの設定: $wgEnableEmail
基本的なメール機能を有効にするには true に設定する。
導入されたバージョン:1.4.0
除去されたバージョン:使用中
許容される値:(真偽値)
既定値:true

詳細

基本的なメール機能 (パスワード リマインダーなど) を有効にするには true に設定してください。

一部のホスティングプロバイダー(たとえばHostmonster)は、 スパマーが自分のアカウントを使用するのを防ぐために、「From:」と「Return-Path:」が本物であることを確認しているようです。

有効にするためには:

  • 正しい送信者が何であるかを調べます。次のコードを含むPHPページにアクセスし、受信したメッセージを確認します。
<?php
mail("my.private.address@example.com","My subject","My message body");
?>
  • 前の時点の電子メールが「myHostmonsterAccountName@myHost.example.com」から送信されたと仮定します。 LocalSettings.phpの次の変数を変更します。
$wgEmergencyContact = "exampleAccountName@myHost.example.com";
$wgPasswordSender   = "exampleAccountName@myHost.example.com";

サーバーでメールを送信できない場合は、この回避策を試すか、 この機能を無効にするか、$wgEnableEmailfalseに設定してください。

MediaWikiの電子メールは、Windowsサーバーではすぐに機能することはほぼ確実ではなく、 Linuxサーバーでは追加の構成が必要になる場合があります。

メール送信の設定方法の詳細は Manual:$wgSMTP を参照してください。

メールを無効にする

電子メールを無効にするには、localsettings.phpでデフォルトを変更します。

$wgEnableEmail = true;

下記のようにし、完了です。

$wgEnableEmail = false;

関連項目