Extension:ParserFunctions

This page is a translated version of the page Extension:ParserFunctions and the translation is 100% complete.
この拡張機能は MediaWiki 1.18 以降に同梱されています。 そのため再度ダウンロードする必要はありません。 しかし、提供されているその他の手順に従う必要はあります。
MediaWiki 拡張機能マニュアル
OOjs UI icon advanced-invert.svg
ParserFunctions
リリースの状態: 安定
実装 パーサー関数
説明 パーサーに論理関数や文字列関数を追加して拡張する
作者 Tim Starlingトーク
最新バージョン 継続的な更新
互換性ポリシー MediaWikiとともにリリースされるスナップショット。 master には後方互換性がありません。
MediaWiki 1.25+
データベースの変更 いいえ
ライセンス GNU 一般公衆利用許諾書 2.0 以降
ダウンロード
README
ヘルプ Help:Extension:ParserFunctions/ja
  • $wgPFEnableStringFunctions
  • $wgPFStringLengthLimit
translatewiki.net で翻訳を利用できる場合は、ParserFunctions 拡張機能の翻訳にご協力ください

使用状況とバージョン マトリクスを確認してください。

問題点 未解決のタスク · バグを報告

ParserFunctions 拡張機能は、便利な関数 (ほとんど論理関数と文字列処理関数) を追加することでウィキテキスト パーサーを強化します。MediaWiki 1.15 以降は StringFunctions 拡張機能が追加した関数の多く (すべてではありません) を有効化/無効化できます (以下のインストール方法を参照)。

この拡張機能の使い方に関する説明は、ParserFunctionsのヘルプページ、および StringFunctions のページを参照。

インストール

  • ダウンロードして、ファイルをextensions/フォルダー内のParserFunctionsという名前のディレクトリ内に配置します。
  • 以下のコードを LocalSettings.php の末尾に追加します:
    wfLoadExtension( 'ParserFunctions' );
    
  • 必要であれば設定を行います。例えば、統合されたStringFunctionsを機能させたいのであれば、上のコードの下に以下のコードを追加します。
$wgPFEnableStringFunctions = true;
  •   完了 – ウィキの「Special:Version」に移動して、拡張機能が正しくインストールされたことを確認します。

設定

$wgPFEnableStringFunctions
統合されたStringFunctionを機能させます (StringFunctions を参照)。 既定値は false です。
$wgPFStringLengthLimit
StringFunctionsが取り扱うことのできる文字列の最大の長さを定義します。デフォルトの値は 1000 です。

関連項目