Extension:Expect

This page is a translated version of the page Extension:Expect and the translation is 100% complete.
MediaWiki 拡張機能マニュアル
OOjs UI icon advanced.svg
Expect
リリースの状態: ベータ
Keepcalms.png
実装 API
説明 Scribunto 用の拡張アサーションを提供します。
作者
  • John Erling Blad (Jebladトーク)
最新バージョン 0.1.0
互換性ポリシー master は後方互換性を維持しています。
MediaWiki >= 1.33
データベースの変更 いいえ
Composer jeblad/expect
ライセンス GNU 一般公衆利用許諾書 2.0 以降
ダウンロード
README, LDoc
Expect 拡張機能の翻訳にご協力ください

使用状況とバージョン マトリクスを確認してください。

Expect は、アサーションのための拡張フレームワークを提供します。

広範なチェックに使用される前にあらかじめ定義された計算グラフをベースにしています。

インストール

ExpectはScribunto 拡張機能のモジュールに依存します。

  • ダウンロードして、ファイルをextensions/フォルダー内のExpectという名前のディレクトリ内に配置します。
  • 以下のコードをLocalSettings.phpの末尾に追加します:
    wfLoadExtension( 'Expect' );
    
  •   完了 – ウィキの「Special:Version」に移動して、拡張機能が正しくインストールされたことを確認します。

使用法

ワークフローは、グラフを定義し、そのグラフに引数を与えるというものである。定義は一度だけ行うが、グラフは何度も再利用できる。

-- Load the lib
local expect = require 'expect'

-- Create a few compute graphs
local expectString = expect:create():asType():toBeEqual( 'string' )
local expectNoColon = expect:create():toBeUMatch( '^[^:]*$' )

-- Create an exported hash
local p = {}

-- Add a function
function p.helloWorld( name )
	-- Call the compute graphs
	expectString( name )
	expectNoColon( name )

	-- Should be safe to do whatever now
	return mw.ustring.format( 'Hi there %s!', name )
end

-- Return the exported hash
return p

詳細なヘルプは、生成されたLDocドキュメントを参照してください。

開発

Vagrantベースの開発環境の再構築については、Expect: Topics/Vagrantを参照してください。

関連項目