Extension:EasyTimeline

This page is a translated version of the page Extension:EasyTimeline and the translation is 98% complete.
MediaWiki 拡張機能マニュアル
OOjs UI icon advanced-invert.svg
EasyTimeline
リリースの状態: 安定
実装 タグ
説明 Adds ‎<timeline> tag for creating timelines
作者 Erik Zachte
MediaWiki >= 1.36.0
データベースの変更 いいえ
ライセンス GNU 一般公衆利用許諾書 2.0 のみ
ダウンロード
CHANGELOG
See below
  • $wgTimelineFileBackend
  • $wgTimelineRsvgCommand
  • $wgTimelineFontFile
  • $wgTimelineShell
  • $wgTimelineFonts
  • $wgTimelineFontDirectory
  • $wgTimelinePloticusCommand
  • $wgTimelinePerlCommand
translatewiki.net で翻訳を利用できる場合は、EasyTimeline 拡張機能の翻訳にご協力ください

使用状況とバージョン マトリクスを確認してください。

問題点 未解決のタスク · バグを報告
その他の言語: ar de es eu fr id it ja nl pt zh

EasyTimeline(イージータイムライン)拡張機能はウィキ文から埋め込み画像を生成します。1次元(縦軸または横軸方向のみ)または2次元の画像です。

ヘルプページを参照してローカルにEasyTimelineをインストールします。またEasyTimeline公式のこのページも参考になり、test.wikipedia.orgで試用できます。

この拡張機能が提供する構文のヘルプページをご参照ください。

Graph 拡張機能の位置付けはこの拡張機能を置換するものです。

要件

この拡張機能を利用するにはサーバに以下のプログラムがインストールされていることが前提です。

表の例

作成可能な表の例です。詳細は次をご参照ください。

Special:MyLanguage/GorbachevSpecial'colon'MyLanguage/ChernenkoSpecial:MyLanguage/AndropovSpecial:MyLanguage/BrezhnevSpecial:MyLanguage/KhrushchevSpecial:MyLanguage/StalinSpecial:MyLanguage/Lenin
  
Special'colon'MyLanguage/SiderianSpecial'colon'MyLanguage/RhyacianSpecial'colon'MyLanguage/OrosirianSpecial'colon'MyLanguage/StatherianSpecial'colon'MyLanguage/CalymmianSpecial'colon'MyLanguage/EctasianSpecial'colon'MyLanguage/StenianSpecial'colon'MyLanguage/TonianSpecial'colon'MyLanguage/CryogenianSpecial'colon'MyLanguage/EdiacaranSpecial'colon'MyLanguage/EoarcheanSpecial'colon'MyLanguage/PaleoarcheanSpecial'colon'MyLanguage/MesoarcheanSpecial'colon'MyLanguage/NeoarcheanSpecial'colon'MyLanguage/PaleoproterozoicSpecial'colon'MyLanguage/MesoproterozoicSpecial'colon'MyLanguage/NeoproterozoicSpecial'colon'MyLanguage/PaleozoicSpecial'colon'MyLanguage/MesozoicSpecial'colon'MyLanguage/CenozoicSpecial'colon'MyLanguage/HadeanSpecial'colon'MyLanguage/ArcheanSpecial'colon'MyLanguage/ProterozoicSpecial'colon'MyLanguage/Phanerozoic
CambrianSpecial'colon'MyLanguage/OrdovicianSpecial'colon'MyLanguage/SilurianSpecial'colon'MyLanguage/DevonianSpecial'colon'MyLanguage/CarboniferousSpecial'colon'MyLanguage/PermianSpecial'colon'MyLanguage/TriassicSpecial'colon'MyLanguage/JurassicSpecial'colon'MyLanguage/CretaceousSpecial'colon'MyLanguage/PaleogeneSpecial'colon'MyLanguage/NeogeneSpecial'colon'MyLanguage/QuaternarySpecial'colon'MyLanguage/PaleozoicSpecial'colon'MyLanguage/MesozoicSpecial'colon'MyLanguage/CenozoicSpecial'colon'MyLanguage/Phanerozoic
Cenozoic
Special'colon'MyLanguage/PaleoceneSpecial'colon'MyLanguage/EoceneSpecial'colon'MyLanguage/OligoceneSpecial'colon'MyLanguage/MioceneSpecial'colon'MyLanguage/PlioceneSpecial'colon'MyLanguage/PleistoceneSpecial'colon'MyLanguage/HoloceneSpecial'colon'MyLanguage/PaleogeneSpecial'colon'MyLanguage/NeogeneSpecial'colon'MyLanguage/QuaternarySpecial'colon'MyLanguage/Cenozoic
www.mediawiki.org/..en.wikipedia.org/..stats.wikimedia.org/..stats.wikimedia.org/..stats.wikimedia.org/..stats.wikimedia.org/..stats.wikimedia.org/..stats.wikimedia.org/..stats.wikimedia.org/..stats.wikimedia.org/..stats.wikimedia.org/..

コードの例

関連項目: Extension:EasyTimeline/構文
Special:MyLanguage/GorbachevSpecial'colon'MyLanguage/ChernenkoSpecial:MyLanguage/AndropovSpecial:MyLanguage/BrezhnevSpecial:MyLanguage/Khrushchev

Special:MyLanguage/Lenin

スクリプトの構文は容認できる程度には直感的で、スクリプトを使って表を示します : Soviet Leaders

<timeline>
# All measures are in pixels

ImageSize  = width:160 height:550
PlotArea   = left:50 right:0 bottom:10 top:10
AlignBars  = justify

DateFormat = yyyy
Period     = from:1917 till:1991
TimeAxis   = orientation:vertical
ScaleMajor = unit:year increment:5 start:1920

# there is no automatic collision detection,
# so shift texts up or down manually to avoid overlap

Define $dx = 25 # shift text to right side of bar

PlotData=
  bar:Leaders color:red width:25 mark:(line,white) align:left fontsize:S

  from:start till:1924 shift:($dx,15)   text:Vladimir~Ilyich~[[Special:MyLanguage/Lenin|Lenin]]
  from:1924  till:1953 shift:($dx,5)    text:[[Special:MyLanguage/Stalin|Josef~Stalin]]
  from:1953  till:1964 shift:($dx,5)    text:Nikita~[[Special:MyLanguage/Khrushchev|Khrushchev]]
  from:1964  till:1982 shift:($dx,5)    text:Leonid~[[Special:MyLanguage/Brezhnev|Brezhnev]]
  from:1982  till:1984 shift:($dx,-12)  text:Yuri~[[Special:MyLanguage/Andropov|Andropov]]
  from:1984  till:1985 shift:($dx,4)    text:Konstantin~[[Special:MyLanguage/Chernenko|Chernenko]] fontsize:XS
  from:1985  till:end  shift:($dx,10)   text:Mikhail~[[Special:MyLanguage/Gorbachev|Gorbachev]]
</timeline>

半角カッコの単数と複数 の使い分けはウィキペディア同様で、言語接頭辞も使えます。例えば [[de:foo|more about foo]]。外部リンクを示す単数の半角角カッコも使えます。

年表のすぐれた例をあちこちから

発想の源としてすばらしいサイトを2件紹介し、ほとんどの年表は苦労なく文字単位で再作成が可能で あり、見た目のレイアウトはほぼ EasyTimeline そっくりで(画像部分は改善待ち)、ただし実現は〈しない〉予感がします。

  • Hyperhistory とは、ボタン配置を〈people〉が左、〈special lifelines〉が右。
  • 希望的には1年以内に [1] みたいなセット(地図の全体表示にfull size image ボタン)の開発と、もしかしたら画像にも応用できると期待しています。注力する点はここにあげた各点を盗まずに情報を収集することです(地図の大部分はブリタニカ百科事典のデータに特異的に依存)。

Unicode

EasyTimelineはまだユニコードをサポートしていません。

2004年8月:UTF-8 の最低限のサポートを導入し EasyTimeline でも UTF-8 形式の文字を認識可能になる。ただし右書き・左書きもしくは縦書きか、あるいは複雑なスクリプトへの対応は大幅に不足。既定のフォントが備えるグリフに非対応の文字がある。そこで代替フォントは $wgTimelineFontFileで指定できる。

SVGをPNGに変換

右横書き言語(RTL=アラビア語、ペルシャ語、ヘブライ語ほか)で正しく表示するには ‎<timeline>timeline コード‎</timeline> の代わりに ‎<timeline method="svg2png">timeline コード‎</timeline> を使用します。 年表は表示されるものの、リンクは無効化されます。

ヒント

初学者にとって EasyTimeline はかなり複雑に見えるかもしれません。 スクリプト言語にありがちなように、慣れが必要です。どの構文も記述がとても長く、気持ちが落ち込むかもしれません。幸運にも、スクリプト言語のほとんどの要素はオプショナルです。

EasyTimeline の〈Easy〉(簡単)が何を意味するかというと、これのインストールが終わって年表ができると、理解も実行も訂正もあまり難しくない点です。また他のウィキペディアで使うために翻訳するのも、かなりの確率で直訳で通せます。

ヒント集:

  • 皆さんの目指す表に使えそうなものを探すには、表のサンプルをご参照ください
  • 年表単位でテンプレートを作ります。プレビューがすぐに表示され、編集がしやすく、また複数ページへの導入がしやすくなります。

現在時刻を使用する

現在時刻の表示には、必ず表の冒頭に {{#tag:timeline| と書き、 }}で閉じます。次に現在時刻はマジックワードを使って挿入します。たとえば{{#time: d/m/Y }} でも、{{CURRENTDAY2}}/{{CURRENTMONTH2}}/{{CURRENTYEAR}} でも、 日付の書式は dd/mm/yyyy(日月年)となります。

関連項目

インストール

インストール節を参照してください

外部リンク