Extension:3DAlloy

This page is a translated version of the page Extension:3DAlloy and the translation is 91% complete.
MediaWiki 拡張機能マニュアル
OOjs UI icon advanced-invert.svg
3DAlloy
リリースの状態: 安定
3DAlloy.png
実装 パーサー関数 , タグ , ContentHandler , リンク マークアップ
説明 MediaWikiでの3Dファイル閲覧に対応
作者 Dolfinus
最新バージョン 1.6 (2022-01-30)
MediaWiki 1.25+
データベースの変更 いいえ
ライセンス MIT ライセンス
ダウンロード (for MW 1.33 and below use mw-1.33 branch)
README
ファイルページでの3Dビューアーの例
$wg3DAlloy
‎<3d>

使用状況とバージョン マトリクスを確認してください。

説明

サイトのページに3Dモデルビューアを追加するためのMediaWiki拡張機能。THREE.jsをベースに、CanvasRendererで画像をレンダリングしています。3Dモデルページ例をご覧ください。

サポートするファイル形式

THREE.jsのモデル形式。

  • .json
  • .3djson
  • .3dj
  • .three

THREE.jsのモデルバッファのジオメトリ形式。

  • .buff
  • .buffjson

OBJファイル形式。

  • .obj

STL(バイナリ)ファイル形式。

  • .stl
  • .stlb

インストール

  • ダウンロードして、ファイルをextensions/フォルダー内の3DAlloyという名前のディレクトリ内に配置します。
  • 以下のコードを LocalSettings.php の末尾に追加します:
    wfLoadExtension( '3DAlloy' );
    
  • $wgFileExtensions パラメータの変更:
$wgFileExtensions = array_merge(
  $wgFileExtensions, array(
      'json', '3dj', '3djson', 'three',
      'buff', 'buffjson',
      'obj',
      'stl', 'stlb'
  )
);
  •   完了 – ウィキの「Special:Version」に移動して、拡張機能が正しくインストールされたことを確認します。

使用法

イメージハンドラーとして使用する

[[File:Model.json|300x300px|color=,opacity=,...]]

パーサー関数として使用する

{{#3d:Model.json}}
{{#3d:Model.json|width}}
{{#3d:Model.json|width|height}}
...
{{#3d:Model.json|width|height|color|opacity|zoom|pan|norotate|scale|z|style|class}}

アップロードされたファイル名の代わりに、外部サイトにあるファイルのURLを使用することができます。

パーサタグとして

<3d file="Model.json" width="" height="" ... ></3d>

or

<3d width="" height="" ... >Model.json</3d>

また、短いファイル名の代わりにurlを使用することができます。

パラメーター

名前 説明 Default value
width キャンバスの幅(ピクセル単位) 300
height キャンバスの高さ(ピクセル単位) 300
color モデルRGBカラーを16進数で表示 0xff00ff
opacity モデルの不透明度を0〜1の間の10進数で指定します。 0.8
zoom If true or 1, canvas can be zoomed false
pan If true or 1, canvas can be panned false
norotate true または 1 の場合、モデルは回転しない。 false
scale Model scale as decimal between 0...1 1
z モデルz座標 75
style キャンバスのCSSスタイル追加
class キャンバスのHTMLクラスの追加

幅と高さを0に設定することができますので、ユーザーの画面サイズに合わせてビューアのサイズが設定されます。

設定

すべての既定値は LocalSettings.php ファイルで変更できます:

$wg3DAlloy["width"]  = 500;
$wg3DAlloy["height"] = 400;
...
$wg3DAlloy["class"]  = 'someclass';

操作方法とホットキー

動作 コントロール
カメラ回転 スワイプ、マウスの左キーを押しながら移動
カメラ ズーム (if zoom enabled) マウスホイール、ホイールを押したまま移動、ピンチ
カメラ パン (if pan enabled) 右キー押しっぱなしで移動
モデル回転 ←↑→↓ キー
モデル回転リセット ホームキー
モデル回転再生/一時停止 ダブルクリック、ダブルタップ
モデル回転 ページで全モデルを再生/一時停止 Enterキー、Spaceキー
モデル回転速度 - と+キー

ホットキーは、Wikiページの編集中や投稿中に自動的に解除されます。