Skin:Liberty

This page is a translated version of the page Skin:Liberty and the translation is 93% complete.
Other languages:
MediaWiki 外装マニュアル - カテゴリ
OOjs UI icon layout-ltr.svg
Liberty/ja
リリースの状態: 安定
Screenshot-skin-liberty.png
説明 LibreWiki 用のレスポンシブ外装です。
作者 Liberwiki Developement Team
最新バージョン 1.11.0
MediaWiki 1.37 (master branch)[1]

1.35 (REL1_35 branch)

1.33 (REL1_33 branch)

1.31 (REL1_31 branch)

1.27 (REL1_27 branch)
ライセンス GNU 一般公衆利用許諾書 3.0 以降
ダウンロード
readme
changelog
Librewiki
パラメーター
  • $wgLibertyMainColor
  • $wgLibertySecondColor
  • $wgTwitterAccount
  • $wgLibertyOgLogo
  • $wgNaverVerification
  • $wgLibertyAdSetting
  • $wgLibertyAdGroup
  • $wgLibertyMobileReplaceAd
  • $wgLibertyEnableLiveRC
  • $wgLibertyMaxRecent
  • $wgLibertyLiveRCArticleNamespaces
  • $wgLibertyLiveRCTalkNamespaces
translatewiki.net で翻訳を利用できる場合は、Liberty 外装の翻訳にご協力ください
使用状況とバージョン マトリクスを確認してください。

Liberty 外装は、Bootstrap に基づいています。 この外装は、レスポンシブ デザインで設計されています。

特徴

  • Liberty は Bootstrap に基づいたレスポンシブ外装であり、デスクトップ、タブレット、スマートフォンの 3 つの環境すべてに対応するように設計されています。
  • リアルタイムの近況報告や SNS での共有ができます。
  • 一般的な MediaWiki を使用したウィキ サイトの各種設定変更に対応しています。
  • Google Adsense と Twitter カードに対応。
  • Gravatarに対応し、Wikiに設定されたメールアドレスに基づいたプロフィール画像を表示することができます。
  • ブラウザの設定に応じたダークモードに対応。
  • 外装環境の調整に対応しました。(個人設定 → Liberty 外装タブ)
    • テーマカラーの個人設定が可能です。
    • 個人のフォント設定が可能です。
    • トップバーを個別に設定することができます。

インストール

外装の使用に関する一般的な文書は、Help:外装 を参照してください。
  • ダウンロードして、ファイルを skins/ フォルダー内の Liberty という名前のディレクトリ内に配置します。
  • LocalSettings.php の末尾に以下のコードを追加してください:
wfLoadSkin( 'Liberty' );
$wgDefaultSkin = "Liberty";
  • 必要に応じて設定します。
  •   完了 - 自分のウィキの Special:Version に移動して、外装が正しくインストールされたことを確認してください。

設定

これらのパラメータは、「LocalSettings.php」ファイルで設定してください。

詳細な情報はLibreWikiをご覧ください(韓国語)

名前 説明 変数例 既定の変数
$wgLibertyMainColor theme-color設定、サイトのメインカラー #4188F1 #4188F1
$wgLibertySecondColor サイトのサブカラー設定 #2774DC $wgLibertyMainColorから1A1415を差し引いた値
$wgTwitterAccount Twitter Cards でメンションを送信する既定の Twitter アカウント librewiki (なし)
$wgLibertyOgLogo オープングラフの画像ロゴ https://librewiki.net/images/6/6a/Libre_favicon.png ($wgLogo相当)
$wgNaverVerification Naver Webmater ツール検証コード (数値はNaver.comから提供されたものです。) (none)
$wgLibertyAdSetting Google Adsenseの設定 array( 'client' => '(Value supplied by Google)', 'header' => '1234567890', 'right' => '0987654321' ) (none)
$wgLibertyEnableLiveRC 右側に「最近の更新」を表示するようにしました。 true true
$wgLibertyMaxRecent Recent X edits appearing in 'Recent Changes' 10 10
$wgLibertyLiveRCArticleNamespaces Namespaces for the first tab in 'Recent Changes' [NS_MAIN, NS_PROJECT, NS_TEMPLATE, NS_HELP, NS_CATEGORY] [NS_MAIN, NS_PROJECT, NS_TEMPLATE, NS_HELP, NS_CATEGORY]
$wgLibertyLiveRCTalkNamespaces Namespaces for the second tab in 'Recent Changes' [NS_TALK, NS_USER_TALK, NS_PROJECT_TALK, NS_FILE_TALK, NS_MEDIAWIKI_TALK, NS_TEMPLATE_TALK, NS_HELP_TALK, NS_CATEGORY_TALK] [NS_TALK, NS_USER_TALK, NS_PROJECT_TALK, NS_FILE_TALK, NS_MEDIAWIKI_TALK, NS_TEMPLATE_TALK, NS_HELP_TALK, NS_CATEGORY_TALK]

ナビバー

以下のフォーマットでMediaWiki:Liberty-Navbar記事を記入してください。

  • 1階層目のメニュー:
    * icon=icon | display=display text | title=hover text | link=link | access=shortcut key | class=custom HTML classes | group=required user group | right=required user right
  • 2階層目のメニュー:
    ** icon=icon | display=display text | title=hover text | link=link | access=shortcut key | class=custom HTML classes | group=required user group | right=required user right
  • 3階層目のメニュー:
    *** icon=icon | display=display text | title=hover text | link=link | access=shortcut key | class=custom HTML classes | group=required user group | right=required user right

  • 全ての値は任意であるが、iconまたはdisplayの少なくとも一方は設定されなければならない。
  • titleが設定されていない場合、代わりにdisplayが使用される。
  • もし、いくつかのパラメータを設定したくない場合は、スキップすることができます。 例として、アイコンを設定しない場合は、icon=...をスキップしてください。
  • MediaWikiの国際化メッセージ名をdisplayとtitleの値に使用することで、国際化メッセージを表示することができます。(例:recentchangesと書けばRecent changesが表示されます)
  • ショートカットキーは、Alt-Shift-(Key)として使用することができます。
  • ショートカットを設定する際は、MediaWiki が提供する既定のショートカットと重ならないように注意してください。
  • Custom classes are separated by , (e.g., write classA, classB to add classA and classB class).
  • fontawsome.comにあるアイコンの一覧です。すべて無料でご利用いただけます。

その例はLibreWikiで見ることができます。

Other skins and extensions related to the Bootstrap framework:

  1. Maybe LTS Version will be supported