Manual:Upgrading to 1.8/ja


Those MediaWiki developers have been busy. MediaWiki 1.8 is out, and brings the usual wealth of fun new features. This guide should help users of the 1.7 release branch migrate to MediaWiki 1.8 in a smooth fashion. It will also work for users of the obsolete 1.6 branch.

概略Edit

まず、MediaWiki 1.8 の配布パッケージに含まれている UPGRADE ファイルを読んでください

MediaWiki のアップグレードでは、基本的なところはいつも同じです:

  1. システム要件を確認する
  2. リリースノートを読む
  3. 今あるファイルとデータベースをバックアップする
  4. 新しいファイルを展開する
  5. アップデートスクリプトでデータベースをチェックする
  6. エクステンションをアップグレードする
  7. アップデートを確認する

システム要件を確認するEdit

MediaWiki 1.8 のシステム要件:

  • PHP 5.0 以上 (5.1を推奨)
    PHP 4は1.7から対象外になりました。
    Note: PHP 5.0 has bugs on 64-bit systems which cause fundamental problems with MediaWiki. If you are running on an x86_64 (AMD64, EMT64) or other affected 64-bit platform, you must run PHP 5.1 or higher.
  • MySQL 4.0 以上
    MySQL 3.x は 1.6 から対象外になりました。

リリースノートを読むEdit

配布パッケージのアーカイブファイルや SVN からチェックアウトしたファイルの中にはファイル名が大文字になっているファイルがいくつかあり、その中に RELEASE-NOTES があります。さあ、 1.8 で何が変わったか見つけてみましょう。

ファイルとデータベースをバックアップするEdit

アップデートスクリプトはよく整備されていて堅牢なのですが、それでもまだ何かを壊してしまうかもしれません。データベーススキーマをアップデートする前に、ウィキのファイルとデータベース両方の完全なバックアップをとってください

データベースEdit

アップデートスクリプトを実行しようとする前に、ウィキのデータベースの完全なバックアップをとってください。スキーマのアップデートに失敗しレコードが壊れたままになってしまった際の保険になります。MySQLについてくる MySQL dump などツールはいろいろあります。

設定Edit

LocalSettings.php ファイルのコピーをとってください。これは基本的な設定の詳細や、もしあなたがしたのであれば、 MediaWiki の動作のカスタマイズなどが記録されています。

アップロードされたファイルEdit

もしウィキのアップロード機能を有効にしているのであれば、アップロードディレクトリのバックアップもしておく必要があります。初期設定では、images ディレクトリですが、もしかすると LocalSettings.php で変更してあるかもしれません。

エクステンションとカスタムスキンEdit

extensions ディレクトリやカスタムスキンを含むファイルやフォルダのすべてのコピーをとってください。

新しいファイルを展開するEdit

tarball パッケージを SourceForge からダウンロードしたのであれば展開し、Subversion を使ったのであれば、ファイルをどこか綺麗な場所にエクスポートしてください。それらで今あるファイルをディレクトリ構造を維持したまま上書きしてください。コアコードのアップデートは完了しました。

アップデートスクリプトを実行するEdit

注意: ウィキのルートディレクトリに AdminSettings.php ファイルがあり、正確な情報が記入されていることを確認してください。データベースのユーザは全権限が必要です。

アップデートの方法としては、コマンドラインからメンテナンススクリプトを実行するのが推奨されていますが、ウェブベースのインストーラを再実行することでも可能です。

シェルEdit

コマンドラインや SSH シェルなどで、maintenance ディレクトリに移動し、アップデートスクリプトを実行します。

$ php update.php

MediaWiki はスキーマを調べ、新しいコードに必要なテーブルやカラムを追加します。1.5.x からアップグレードする場合は、この作業が終わったあとに、link テーブルを更新するために refreshLinks.php スクリプトも実行するとよいでしょう。

他の選択肢: phpShellEdit

シェルにアクセスできないのであれば、phpShell のようなものも試してみるのもよいでしょう。phpShell は PHP の機能を使ってコマンドラインをエミュレートします。ホスティングサービスの設定によっては動かないかもしれません。

このような手段を用いる場合は、スクリプト開始時のカウントダウンを飛ばすことができたほうがよいこともあります。そうするには、--quick オプションをアップデートスクリプトに渡してください:

$ php update.php --quick

インストーラを再実行するEdit

さらに別の選択肢として、ウェブインストーラを再実行することでもアップデートスクリプトを実行することができます:

  1. LocalSettings.php から LocalSettings.php.old へリネーム
  2. Make the config directory writable by the web server
  3. Browse to the wiki and start the installer

Fill in the form fields with the same values as was done during the previous version's installation. When the installation process starts, the script will detect existing MediaWiki tables, and upgrade their schema. When this is complete, a new LocalSettings.php will be generated.

  1. Delete the new configuration file
  2. Rename LocalSettings.php.old back to LocalSettings.php
  3. Restore permissions on the config directory

エクステンションをアップグレードするEdit

MediaWiki 1.7 で動作するようにアップデートされているエクステンションがあります。それらのエクステンションも最新のバージョンにアップグレードするようにしてください。そのほかのエクステンションについても、自分で変更を加える必要があるかもしれません。

アップデートを確認するEdit

さて、アップグレードが完了したら、ブラウザでウィキを開いてページの閲覧や編集が望みどおりに動くかどうか確認しましょう。

Special:Version を開き、正しいバージョンが表示されているかどうかも確認しましょう。

LinksEdit

Upgradings documents for other versions:

English  • Deutsch • français • 日本語 • русский