Manual:SqliteMaintenance.php/ja

This page is a translated version of the page Manual:SqliteMaintenance.php and the translation is 94% complete.
Other languages:
MediaWiki バージョン:
1.36


詳細

SqliteMaintenance.phpSQLite データーベースバックエンドに固有の操作を実行する メンテナンススクリプト です。

オプション/引数

オプション 説明 必須かどうか
--vacuum 削除されたページを削除し、データベースをクリーンアップする、データーベースファイルのサイズを縮小できる 省略可能
--integrity データベースの整合性を検証する 省略可能
--backup-to 指定したファイルにデータベースをバックアップする 省略可能
--check-syntax SQLファイルの構文エラーを検証する 省略可能

使用法

php maintenance/SqliteMaintenance.php [ --vacuum| --integrity| --backup-to| --check-syntax ]

整合性の検証

Terminal
$ php maintenance/SqliteMaintenance.php --integrity

Performing database integrity checks:
ok

クリーンアップ

Terminal
$ php maintenance/SqliteMaintenance.php --vacuum

VACUUM: Database size was 46995456 bytes, now 37796864 (19.6% reduction).

SQLファイルの構文の検証

patch-actor-table.sql
--
-- patch-actor-table.sql
--
-- T167246. Add an `actor` table.

CREATE TABLE /*_*/actor (
  actor_id bigint unsigned NOT NULL PRIMARY KEY AUTO_INCREMENT,
  actor_user int unsigned,
  actor_name varchar(255) binary NOT NULL
) /*$wgDBTableOptions*/;
CREATE UNIQUE INDEX /*i*/actor_user ON /*_*/actor (actor_user);
CREATE UNIQUE INDEX /*i*/actor_name ON /*_*/actor (actor_name);
Terminal
$ php maintenance/SqliteMaintenance.php --check-syntax patch-actor-table.sql

SQL syntax check: no errors detected.

関連項目