Extension:TorBlock

This page is a translated version of the page Extension:TorBlock and the translation is 100% complete.
MediaWiki 拡張機能マニュアル
OOjs UI icon advanced-invert.svg
TorBlock
リリースの状態: 安定
実装 利用者アクセス
説明 Wikiのフロント ドア サーバーへのアクセス権限を持っているトーアエグジットノードに制限を適用します。
作者 Andrew Garrett (Werdnaトーク)
最新バージョン 1.1.0 (Continuous updates)
MediaWiki 1.35+
PHP 5.5+
ライセンス GNU 一般公衆利用許諾書 2.0 以降
ダウンロード
  • $wgTorBlockProxy
  • $wgTorIPs
  • $wgTorProjectCA
  • $wgTorOnionooServer
  • $wgTorTagChanges
  • $wgTorAutoConfirmCount
  • $wgTorDisableAdminBlocks
  • $wgTorBypassPermissions
  • $wgTorAllowedActions
  • $wgTorOnionooCA
  • $wgTorAutoConfirmAge
translatewiki.net で翻訳を利用できる場合は、TorBlock 拡張機能の翻訳にご協力ください
問題点 未解決のタスク · バグを報告

TorBlockTor 末端ノードにフロント ドア サーバーへのアクセスに制限を自動的に適用できる拡張機能。

インストール

設定

$wgTorBypassPermissions = [ 'torunblocked' ]; Torのブロックをブロック逃れするアカウントの権限。

既定では $wgGroupPermissions['user']['torunblocked'] = true; が設定されているため、false を設定しない限り、ログイン済み利用者はアクセス制限を回避できます。

$wgTorLoadNodes = true; true を設定すると、キャッシュに利用可能なリストがない場合に、常にノードのリストをロードしようと試みます。 ノードリストのロードにはコストがかかるため、一部のウィキではこれに false を設定し、代わりに loadExitNodes.php をcronジョブとして実行してノードリストを更新できます。
$wgTorIPs = [ '208.80.152.2' ]; Wikiのサーバーが使用するIPアドレスの配列。 これらのIPへの接続を許可されたエグジットノードのみが内部リストで返されます。 注 : これは、新しいOnionooプロトコルを使用するのではなく、拡張機能がTorプロジェクトのバルクリストサービスにフォールバックしなければならない場合にのみ使用されます。
$wgTorDisableAdminBlocks = true; 管理者が作成したTorブロックを無効にします。
$wgTorAutoConfirmAge = 0;

$wgTorAutoConfirmCount = 0;

Manual:$wgAutoConfirmAge および $wgAutoConfirmCount を参照してください。 アカウントにManual:$wgAutopromote で定義されたステータス(自動承認ステータスを含む)を付与するには、両方の制限を突破する必要があります。
$wgTorAllowedActions = [ 'read' ]; Tor 匿名利用者に許可された権限。既定では Tor を使用している利用者はアカウントを作成できません。
$wgTorOnionooServer = 'https://onionoo.torproject.org';

$wgTorOnionooCA = "$dir/torproject.crt";
$wgTorProjectCA = "$dir/torproject.crt";

デフォルトではこの拡張機能はOnionooというサービスを使用するよう設定されています。Torプロジェクトによる作成です。出口ノードのリストを取得します。 Onionooサーバーは誰でも実行できるため、カスタムサーバー(およびそれに関連付けられたSSL証明書)をこれらの変数で設定できます。 既定では Tor プロジェクト自身のサーバーです。
$wgTorTagChanges = true; マークTorはこのように編集します
$wgTorBlockProxy = false; 既定のプロキシでない場合は、使用するプロキシ