Extension:Citoid

This page is a translated version of the page Extension:Citoid and the translation is 89% complete.
MediaWiki 拡張機能マニュアル
Citoid
リリースの状態: 安定
実装 ユーザー インターフェイス
説明 Citoid サービスを VisualEditor 内で使用できるようにする。
作者 Marielle Volz, Moriel Schottlender, Ed Sanders
最新バージョン 0.3.0
互換性の方針 MediaWiki とともにリリースされるスナップショット。 master には後方互換性がありません。
MediaWiki >= 1.42
Composer mediawiki/citoid
ライセンス MIT ライセンス
ダウンロード
  • $wgCitoidFullRestbaseURL
  • $wgWBCitoidFullRestbaseURL
  • $wgCitoidServiceUrl
  • $wgCitoidIsbnScannerEnabled
Quarterly downloads 12 (Ranked 140th)
Public wikis using 848 (Ranked 299th)
translatewiki.net で翻訳を利用できる場合は、Citoid 拡張機能の翻訳にご協力ください
問題点 未解決のタスク · バグを報告

Citoid は、MediaWiki 拡張機能であり、URL や他の識別子から引用を生成する Citoid サービスを有効にするものであり、VisualEditor 内で使用できます。

このページは Citoid 拡張機能のダウンロードとインストール方法に関するものです。Citoid の実際の使用方法についての詳細情報は、Citoid ページを参照してください。

要件

この拡張機能を実行するには、VisualEditor 拡張機能をインストールし、ビジュアルエディター引用ツール を有効にする必要があります。

Citoid の実行には必須ではないものの、推奨される追加の拡張機能は以下の通りです:

インストール

  • ダウンロードして、ファイルをextensions/フォルダー内のCitoidという名前のディレクトリ内に配置します。
    Developers and code contributors should install the extension from Git instead, using:cd extensions/
    git clone https://gerrit.wikimedia.org/r/mediawiki/extensions/Citoid
  • 以下のコードを LocalSettings.php ファイルの末尾に追加します:
    wfLoadExtension( 'Citoid' );
    
  • Configure as required.
  •   完了 – ウィキの「Special:Version」に移動して、拡張機能が正しくインストールされたことを確認します。

Configuration

その後、ウィキの LocalSettings.php に Citoid サービス インスタンスの場所を設定します。

// ウィキが https 経由で提供されている場合、citoid サービスの URL には https プロトコルが必要です。さもないと、ブラウザーはリクエストをブロックします。
$wgCitoidServiceUrl = 'http://localhost:1970/api';
オプション 既定値 対象者 説明
$wgCitoidServiceUrl false システム管理者 Full url to use the native citoid api , i.e. http://localhost:1970/api. Only used if VisualEditorFullRestbaseURL is null.
$wgCitoidFullRestbaseURL false システム管理者 Full url to use a citoid service running behind restbase, i.e. https://en.wikipedia.org/api/rest_ (including the trailing _). Overwrites default, which is to use VisualEditorFullRestbaseURL (now deprecated). Does not need to be set if you are running citoid behind the same restbase instance as parsoid/VisualEditor; mostly useful for point to a cross domain restbase citoid installation.