Open main menu

Extension:CiteThisPage

This page is a translated version of the page Extension:CiteThisPage and the translation is 100% complete.
Other languages:
English • ‎dansk • ‎русский • ‎日本語
Cite 拡張機能も参照してください。現在は直接関係ありませんが、以前は CiteThisPage と同じリポジトリにありました。
この拡張機能は MediaWiki 1.25 以降に同梱されています。 そのため再度ダウンロードする必要はありません。 しかし、提供されているその他の手順に従う必要はあります。
MediaWiki 拡張機能マニュアル
OOjs UI icon advanced.svg
CiteThisPage
リリースの状態: 安定
Cite This Page MediaWiki plugin.png
実装 特別ページ
説明 ある特定の記事に対して異なる引用フォーマットを提供する特別ページを追加する。
作者
  • Ævar Arnfjörð Bjarmason
  • James D. Forrester
最新バージョン 更新継続中
互換性ポリシー リリースブランチ
MediaWiki 1.30+
PHP 7.0+
データベースの変更 いいえ
ライセンス GNU 一般公衆利用許諾書 2.0 以降
ダウンロード
translatewiki.net で翻訳を利用できる場合は、CiteThisPage 拡張機能の翻訳にご協力ください
使用状況とバージョン マトリクスを確認してください。
問題点 未解決のタスク · バグを報告

CiteThisPage かつて SpecialCite.php として知られていた拡張機能で、 特別ページ (Special:CiteThisPage) とツールボックスリンクをメインの名前空間のページに作成します。 記事名を指定すると、この拡張機能はさまざまな様式で引用情報を作成します。

インストール

  • ダウンロードして、ファイルを extensions/ フォルダー内の CiteThisPage という名前のディレクトリ内に配置します。
  • 以下のコードを LocalSettings.php の末尾に追加します:
    wfLoadExtension( 'CiteThisPage' );
    
  •   完了 – ウィキの「Special:Version」に移動して、拡張機能が正しくインストールされたことを確認します。

設定

英語版ウィキペディア:

w:Special:CiteThisPage/Train ページには、w:Train の記事に関する引用情報が、その英語版MediaWikiのファイル w:MediaWiki:Citethispage-content によって指定された書式で記載されています。

各通常ページ(現行バージョンのみ)のサイドバーには、この版への固定リンクに加えその特別ページへのリンクがあります。

そこで使っている引用様式はMediaWikiの名前空間 (MediaWiki:Citethispage-content) でカスタマイズすることができます。例えば、

 * ''{{FULLPAGENAME}}'' (last modified {{CURRENTTIME}}, {{CURRENTDAY}} {{CURRENTMONTHNAME}} {{CURRENTYEAR}} UTC).
 {{SITENAME}}, {{int:sitesubtitle}}. Retrieved <citation>{{CURRENTTIME}}, {{CURRENTDAY}} {{CURRENTMONTHNAME}}
 {{CURRENTYEAR}}</citation> from {{fullurl:{{FULLPAGENAME}}|oldid={{REVISIONID}}}}

と書けば以下のような引用様式が生成されるでしょう。

Main Page (last modified 02:47, 26 November 2005 UTC). Wikipedia, The Free Encyclopedia. Retrieved 21:14, 26 November 2005 from https://en.wikipedia.org/w/index.php?title=Main_Page&oldid=10403

変数

{{CURRENTTIME}}、{{CURRENTMONTH}}などのパーサ変数は、リクエストしたページの最終修正時刻を表示します。現在時刻を得るには<citation>を使って<citation>{{CURRENTTIME}}</citation>のように記載します。