Manual:thumb.php

This page is a translated version of the page Manual:Thumb.php and the translation is 100% complete.

詳細

thumb.php というスクリプトを使うと、サムネイルの作成とストリーミングができます。

使用準備として、このファイルのパスに $wgThumbnailScriptPath を設定します。

パラメータはファイル名が f、幅がw、複数ページのファイル内の取得ページ番号がp (ページ番号がある場合) です。

例: https://commons.wikimedia.org/w/thumb.php?f=Delle_strade_ferrate_e_della_loro_futura_influenza_in_Europa.djvu&w=600&p=206

404 ハンドラー

このスクリプトの用途はもうひとつあり、画像のサムネイルが存在しない 404 エラーのハンドラーとして検知と作成に使用できます。 使用するには以下の手順に従い、$wgGenerateThumbnailOnParse に「false」を設定します。LocalSettings.php で $wgLocalFileRepo を定義している場合は、さらに以下を加えます:

$wgLocalFileRepo['transformVia404'] = true;
例: https://www.mediawiki.org/w/thumb.php?f=example.jpg&width=100

スクリプトによる変換

以下のコードを $LocalSettings の末尾に追加します。

$wgThumbnailScriptPath = "{$wgScriptPath}/thumb.php";

Webサーバの設定は不要です。thumb.php はレンダリング処理が既に完了済みならファイルを返すか、必要ならオンデマンドでファイルをレンダリングします。

関連項目