Manual:節単位の編集

This page is a translated version of the page Manual:Section editing and the translation is 90% complete.
Languages:

節単位の編集とは、節見出しの横にある「編集」 (または「ソースを編集」) のリンクをクリックすることで、ページ上の特定の節を編集することです。

The Page Previews will only show the part of the article that might be problematic for the text... Wording or formatting can be more difficult to choose without content before or after the editable section.

節リンクの有効化/無効化

節単位の編集は MediaWiki の既定の機能ですが、以下に説明するように、いくつかの方法で無効化できます。 無効化は、見出しがテンプレート内で作成されている場合に特に有効です: 通常のウィキの節単位編集は、この場合、テンプレート コードを編集しますが、これは通常、利用者にとっては直感的ではありません。

設定

editsection は、LocalSettings.php ファイルで使用できる利用者権限です。

例えば、ログインしていない利用者の節単位編集リンクを非表示にするには、設定オプション $wgLocalSettings.php の値を変更します:

LocalSettings.php を編集して以下の行を追加します:

#disable section edit links for anonymous viewers
$wgDefaultUserOptions ['editsection'] = false;
From version 1.23 onwards, the section editing links need to be disabled via site-wide or user CSS, see T54811 for details on the change.
MediaWiki:Common.css: .mw-editsection { display:none!important; }

editsectiononrightclick ("0" by default) is a user right that allows editors to edit sections by right-clicking on the subheading (JavaScript feature).

Magic word

The Magic word __NOEDITSECTION__ can be used to hide all section edit links on a particular page.

This magic word is transcludable, meaning that it can be embedded in a template in order to disable section editing on all pages where this template is used.

Placing and styling section links

CSS

In Vector and other skins, the section link has the following CSS class:

.mw-editsection