Open main menu

Manual:MediaWiki architecture/ja

ソースツリーにある解説は全体のほんの一部であり、コードも MediaWiki の動きの表面部分でしかありません。ここでは新たな開発者のために、MediaWikiソフトウェアの動作全般についての情報を提供します。

データベースには各ページのmeta:ウィキテキストWikitext)をはじめ、ページや利用者などに関する諸々の補助情報が含まれています。

ページを見るときには、そのウィキテキストがXHTMLメタのページも参照)に変換されるか、または同じXHTMLコードがキャッシュから流用され、それを受け取った利用者のブラウザが、最終的にXHTMLをレイアウトします。



ひとつのページに対応するXHTMLコードは、以下のものに影響を受けます:

  • 表示中・編集中などのモード(下を参照)
  • ウィキテキスト
  • そこへの適用を指示されているテンプレート
  • 変数の値
  • 内部でリンクしているページの存在 - リンクの動作(表示、編集など)が変わる。
  • 外装(skin)
  • 自分の利用者名(訳注:いわゆるハンドル)
  • 利用者のステータス - 管理者(sysop)等になるとリンクが増える。
  • 名前空間 - 「会話」ページ(訳注:いわゆる「ノート」ページ)かどうかが決まり、会話ページからはその関心の向く先のページへ、それ以外からは会話ページへリンクする。
  • そのページをユーザが監視(訳注:「ウォッチリストに追加」)しているかどうか - 「ウォッチリストに追加」(watch)「ウォッチリストから削除」(unwatch)のいずれかのリンクが表示される。
  • 利用者の会話ページが最近編集されたかどうか - その旨のメッセージが表示される。



利用者から画面上に見える表示結果は、以下のものに影響を受けます:

  • XHTMLコード
  • XHTMLコードが参照するファイル群 - 埋め込み画像やサーバ側のCSSファイルなど。
  • ブラウザおよびブラウザの設定内容 - ローカルなCSSファイルや画面解像度など。



利用者が「編集」ボタンを押すと、ページ全体または一つの節の分のウィキテキストが送られます。利用者が「プレビュー」(訳注:「プレビューを実行」ボタン)を押すと、利用者が編集した新しいバージョンのウィキテキストがサーバに送られ、サーバから相当のXHTMLコードが送り返され、それが再び可視化されて、(同時にサーバから送り返された)利用者によるウィキテキストの上、または下に表示されます。それからもあるいは変更とプレビューが繰り返された後、利用者は「保存」(訳注:「~同意した上で投稿する」ボタン)を押すことで「最終の」バージョンをサーバに送り、サーバがその編集を記録して、その新しいバージョンのXHTMLを(再び)利用者に送ります。またこの段階で自動ウィキ化automatic conversion of wikitext)が行われる場合もあります。

参考:ウィキテキストとそのウェブページの違い

全般的アーキテクチャEdit