Manual:$wgMessagesDirs

This page is a translated version of the page Manual:$wgMessagesDirs and the translation is 90% complete.
拡張機能: $wgMessagesDirs
拡張機能のメッセージのディレクトリ。
導入されたバージョン:1.24.0 (Gerrit change 102957; git #2f7b68ff)
除去されたバージョン:使用中
許容される値:(配列)
既定値:[]

A configurable global variable pointing to the path of a directory that contains message files. It works with associative arrays as demonstrated below. メッセージ ファイルは、言語コードを含んだ名前の JSON ファイルです。例: en.json、de.json、など。 複数の場所にメッセージ ファイルがある拡張機能の場合は、メッセージのディレクトリの配列を指定できます。

The modern approach that is recommended for extensions is not to use $wgMessagesDirs directly but to use the equivalent key in extension.json.

Examples

単純な例:

PHP extension.json
$wgMessagesDirs['ConfirmEdit'] = __DIR__ . '/i18n';
"MessagesDirs": {
 "ConfirmEdit": [
  "i18n"
 ]
}

複数のディレクトリを使用する例:

PHP extension.json
$wgMessagesDirs['VisualEditor'] = [
    __DIR__ . '/i18n',
    __DIR__ . '/modules/ve-core/i18n',
    __DIR__ . '/modules/qunit/localisation',
    __DIR__ . '/modules/oojs-ui/messages',
];
"MessagesDirs": {
 "VisualEditor": [
  "i18n",
  "modules/ve-core/i18n",
  "modules/qunit/localisation",
  "modules/oojs-ui/messages"
 ]
}

$wgMessagesDirs$wgExtensionMessagesFiles と共存できます。古い PHP l10n ファイルの変換の際に互換性を保持したい場合は、これらの変数の両方を設定すべきです。

関連項目