Manual:$wgForceDeferredUpdatesPreSend

This page is a translated version of the page Manual:$wgForceDeferredUpdatesPreSend and the translation is 100% complete.
Other languages:
パフォーマンス ハックと制限: $wgForceDeferredUpdatesPreSend
遅延更新を、応答を送信した後に実行しようとするのではなく、クライアントに応答を送信する前に実行するよう強制する。
導入されたバージョン:1.38.0 (Gerrit change 761320; git #0ebf7786)
除去されたバージョン:使用中
許容される値:(真偽値)
既定値:false

詳細

遅延更新を、応答を送信した後に実行しようとするのではなく、クライアントに応答を送信する前に実行するよう強制します。 これに true を設定すると、エンド ツー エンド テストにおいて、あるリクエストの効果が、たとえ最初のリクエストの直後に行われたとしても、それ以降のすべてのリクエストで確認できることを保証するのに便利です。 ただし、これはデータベースの複製が完了したことを保証するものではなく、また、後で実行するために待機しているジョブを実行するものでもないことにご注意ください。

通常の本番環境ではこれを設定する理由はないはずです。