Open main menu

Manual:$wgResponsiveImages

This page is a translated version of the page Manual:$wgResponsiveImages and the translation is 100% complete.
Other languages:
English • ‎español • ‎magyar • ‎polski • ‎日本語
サムネイルの設定: $wgResponsiveImages
高解像度ディスプレイ向けに高解像度の画像を出力するかどうか
導入されたバージョン:1.21.0
除去されたバージョン:使用中
許容される値:(真偽値)
既定値:true

詳細

高解像度ディスプレイ向けに高解像度の画像を出力するかどうかです。

これが主に対象とするのは、タブレットのブラウザーや、Retinaディスプレー採用の MacBook Pro のような新しいPCならびにラップトップの一部を言います。 高解像度ディスプレイでは、ラスター画像は処理をしないままだとぼやけたりピクセル化してしまいます。

サムネイル画像を生成する際に、リクエストされたサイズだけではなくその 1.5 倍や 2 倍のサイズのサムネイルもレンダリングします。 imgに含まれるHTML5 srcset 属性は、ディスプレイ機器に合わせ、これら大きな画像の表示濃度を適切に指定します。

srcset属性のネイティブサポートは最初に2013年8月にWebKitブラウザに追加されると、その後、現行のブラウザほとんどに採用され、現在では世界の全ユーザーの約90%を対象にしています

現行のブラウザーに組み込まれた互換性JavaScriptはほとんどのブラウザーを対象にwindow.devicePixelRatioを点検、IE 10を対象に互換性フォールバックを提供し、自動でsrcset -> src変換を行います。 srcset へのネイティブ対応があるブラウザーでは、この処理は自動的に無効になります。

既知の制限

このコードは現状では (1.21時点) Linker方式で作成した画像限定で適用されます。画像のギャラリー表示とファイルについては、現在、ページの詳細情報表示は影響を受けていません。 この点はいつかの時点で変更されるべきで、MediaHandler関連の下層にサポートを移植すると実現します。

ディスプレイの密度

現時点 (1.21 現在) では、使用している密度 (1.5 倍と 2 倍) はハードコードされており、設定では変更できません。 1 倍はメインの画像の既定の密度を意味しています。