Manual:$wgParserConf

This page is a translated version of the page Manual:$wgParserConf and the translation is 94% complete.
Other languages:
English • ‎français • ‎magyar • ‎polski • ‎中文 • ‎日本語
構文解析: $wgParserConf
構文解析系の構成。
導入されたバージョン:1.12.0
廃止予定になったバージョン:1.35.0
除去されたバージョン:使用中
許容される値:(配列)
既定値:(下記参照)

詳細

Configure the ParserFactory service in order to customize the Parser used.

以下の要素をフォローする連想配列:

class
クラス名
preprocessorClass
プリプロセッサーのクラスです。 クラスは現在 2 つあります: Preprocessor_Hash は簡単な PHP 配列を使って、 Preprocessor_DOM は DOM モジュールを使って一時記憶します。 通常、Preprocessor_DOM はメモリ負荷が低く、よってふたつはおよそ同じスピードです。
このパラメータが与えられない場合、 DOM モジュールがあるならば 前処理系_DOM を、ない場合は Preprocessor_Hash を使います。

連想配列はすべては第一パラメタとしてコンストラクターにパスされます。 Setup.php しかこの変数を処理できません -- 構成の変更は実行時に$wgParser メンバー機能を介して行われるため、この変数の内容は実際より古くなります。 変数の変更は LocalSettings.php 実行中のみ可能です。つまり拡張期の設定が機能しているときには行えません。

既定値

MediaWiki バージョン: 1.35
$wgParserConf = [
	'class' => Parser::class,
];
MediaWiki バージョン: 1.31 – 1.34
$wgParserConf = [
	'class' => Parser::class,
	# 'preprocessorClass' => Preprocessor_Hash::class,
];
MediaWiki バージョン: 1.13 – 1.30
$wgParserConf = [
	'class' => 'Parser',
	# 'preprocessorClass' => 'Preprocessor_Hash',
];
MediaWiki バージョン: 1.12
$wgParserConf = array( 
	'class' => 'Parser',
	'preprocessorClass' => 'Preprocessor_Hash',
);