Manual:$wgForceHTTPS

This page is a translated version of the page Manual:$wgForceHTTPS and the translation is 42% complete.
サーバー URL とファイル パス: $wgForceHTTPS
セキュアではない HTTP リクエストを HTTPS にリダイレクトする。
導入されたバージョン:1.34.3 (Gerrit change 608504; git #c75eef91)
除去されたバージョン:使用中
許容される値:(真偽値)
既定値:false (gerrit:608504, gerrit:612497, gerrit:615840)

詳細

これに true を設定すると、セキュアではない HTTP リクエストを受け取った場合は、常に HTTPS にリダイレクトします。 This overrides and disables the preferhttps user preference, and it overrides $wgSecureLogin and the CanIPUseHTTPS hook.

$wgServer may be either https or protocol-relative. If $wgServer starts with "http://", an exception will be thrown.

If a reverse proxy or CDN is used to forward requests from HTTPS to HTTP, the request header "X-Forwarded-Proto: https" should be sent to suppress the redirect.

In addition to setting this to true, for optimal security, the webserver should also be configured to send HTTP Strict Transport Security (HSTS) response headers.

When $wgForceHTTPS is set to false, HTTP/HTTPS preference is tracked on a per-user basis, by a combination of:

  • the prefershttps user preference
  • the cookie forceHTTPS and session metadata (available via Session::shouldForceHTTPS())
  • the PHP method Session::setForceHTTPS()

Availability

この変数は MediaWiki 1.35.0 (gerrit:608504) で追加されました。 この変数は MediaWiki 1.34.3 リリースの一部として、MediaWiki 1.34 にバックポートされました (gerrit:612497)。また、この変数は MediaWiki 1.31.9 リリースの一部として、MediaWiki 1.31 にバックポートされました (gerrit:615840)。

関連項目